読・書【Long/Middle/Short All OK】

読・書【Long/Middle/Short All OK】

御鏡  2019-03-23 18:45:40 
通報
このトピは、小説を載せ合うトピです。
(『絵や小説を載せ合うトピ』の
セイチャ版と思っていただければ…)

タイトルに記載した通り、
長編も中編も短編、全て大歓迎です。
読む専でも大丈夫ですし、
小説でなくても、感想等もOKです。

では、皆様のご参加をお待ちしながら、
一筆して行きたいと思います。

コメントを投稿する

  • No.19 by 匿名  2019-04-11 23:07:56 

中1が書いたので、変だったらすみません。

ーその日、俺は変なやつに会った。ー
いつもどうりに”仕事”を終え、いつもどうりに帰った。
「ねぇ、そこの君」
後ろをばっ、と振り向く……誰もいない
「…は?」
そんな声を上げ前を見た………………………いた。確信はない、だが…目の前にいるのが声の主だと、断言できた。カラン、と下駄をならし此方に近づく、近づく、近づく……【あれっ?体が………勝手に…】逃げた。体にある野性の本能?が今、全力で警報をならした。カラン、カラン、カラン…
「どこに行くの?」
下駄の音は変わらない、何故?普通なら小さくなる音が”変わらない”走りには自信がある、だが"変わらない"
カラン、カラン、カラン、カラン
一定のリズム、一定の音、何故?
「捕まえた」
頭が真っ白になった。耳元で声がしたら、自分の体はその場に崩れ落ちた。

[一応続く]

  • No.20 by 御鏡  2019-04-11 23:09:25 

お久し振りです~…
最近小説を投稿しようにも、マトモなのは書けないし~…
マトモでも書きかけだしで散々なんですよねぇ~…
マトモなの書けたら投稿しますね~…

  • No.21 by セシル  2019-04-13 07:03:58 

第二章
「カミサマ」は憂鬱。

「カミサマ」は、相変わらず容器の中に居た。

使いの彼女は、僕によく話をしてくれた。
「カミサマ」との出会い、
「カミサマ」を奪おうとする人間のこと。

「…その人たちは、私の「カミサマ」を
奪おうとしたの。
【研究対象だ】【研究しなきゃ】って」

彼女は、顔を苦々しく歪めて言い放つ。

僕は彼女の話に頷き、聞き流していた。
しかし、彼女は聞き捨てならない
言葉を発した。

「私たちね、夏でここを出ていくの。
もっとちゃんと、「カミサマ」を
受け入れてくれる街を探すの」

『…そうなんだ』

〔……ね…ぇ〕

「カミサマ」が、僕に手を伸ばす。
僕は、容器越しに彼女に触れた。

〔……あ…なたは………………なの…?〕

途中が、酷く掠れていて聞き取れなかった。

『ごめん…何て?』

〔…………………なの…?〕

やはり、その部分だけ
ノイズが掛かったように聞き取れない。
いや…まるで、脳がその部分だけ聞くのを
拒絶しているようだ。

〔………わ…たしは……憂鬱、なの…〕

彼女がそう呟いたのも、
ろくに聞こえなかった。

【私達、夏で出ていくの】そんな言葉が、
酷く耳に引っ掛かって。

  • No.22 by セシル  2019-04-13 07:10:50 

御鏡さんはご覧になったことがあるかと
思います。

絵や小説を載せ合うトピに
上げていたものです。
(データが飛んだので、途中からです…
申し訳ありません。
キャラクターのプロフィールを
載せておきます。

主人公 彼方

〔狭間堂〕
店主兼総元締め 出雲
従業員 猫目ジロー
従業員 ハナ

〔???〕
新聞記者 百代円(ひゃくだいまどか)


〈少年〉
この街にも少しずつ慣れ始めた頃、
偶然円さんと出会ってしまった。
「…あ…円さん」
僕がそう言うと、円さんは相変わらず
お手本のような笑顔で笑ってみせる。
〈覚えていてくれたとは嬉しいね〉
円さんは僕にずいっと顔を近付ける。
整った顔立ちと大勢に見られているような
ゾクリとした寒気が僕を包む。
僕が何も言えないでいると、円さんは急に
顔を遠ざけて笑い始めた。
〈ははは!君の視線嫌いも筋金入りって事か〉
「…は…視線…?ま、まあ…人は苦手ですけど…」
円さんは僕の背中を遠慮なくバシバシと
叩いて笑い続ける。
痛いを通り越して何が何だか分からない。
しばらくすると、ベストのポケットから普段
付けている物より濃い色付き眼鏡を
取り出して掛けてみせる。
〈どうだい?これなら怖くないだろ〉
円さんは笑みを浮かべてみせる。本当は
爽やかな笑みを浮かべたのかもしれないが、
今掛けた色付き眼鏡のせいで胡散臭さ爆発だ。
「あ、ありがとうございます…僕は」
〈彼方くんだろう?知ってるさ。
君が出雲の飼い猫と喧嘩して此処に来たと
いう事もね〉
「えっ」
僕はおもわず後ずさった。
「何で、知ってるんですか…?」
〈それは単純だ。見たからさ、この目で〉
円さんは自らの掛けている眼鏡の蔓に触れた。
「…ずっと、後をつけて来たとか」
〈そうとも云えるし、そうでないとも云える〉
円さんはそう嘯いた。本心の読めない人だ…。
「もしかして、ストーカー…」
〈お望みとあらば、おはようから
おやすみまで観察させて貰うけど〉
「完全にストーカーだ…!」
あっけらかんと言う円さんに僕は戦慄した。
〈まあ、家の中にまで入るのはポリシーに
反するし、トイレやお風呂の時までは
観察しないけどね〉
「…紳士的なストーカーだ…!」
意外と僕のプライバシーを尊重してくれていた。
いや、しかし…家の近くにまで来られても困る。
円さんは見た目上レトロな男性だが、
その正体はアヤカシかもしれないのに。
じりじりと後退する僕に、円さんは肩を竦めた。
〈そう警戒しないでくれ給えよ。別に
取って食おうという訳じゃないんだから〉
円さんは僕の肩をしっかりと抱く。
これでは、逃げられない…。
「もしかして…彼方くん。君は自分に自信が
ないから、視線が嫌いなんじゃないかい?」
「…うっ…」
図星を突かれ、僕は呻く。
〈図星かぁ。では、そのルーツを
聞かせてくれないかな。何が切っ掛けで、
自分に自信を持てなくなったか…〉
「そ、それは…貴方に、話すこと
じゃないですから」
迫る円さんの整った顔立ちを押し返す。
すると、円さんは思ったよりも
あっさり引き下がった。
〈そうか、残念だ…また、機会を見つけたら
会いに来るよ〉
円さんはひらひらと手を振って帰っていく。
〈ああ、そうそう〉
円さんはふと足を止める。
〈彼方くん。『うつし世はゆめ、
よるの夢こそまこと』…だからね〉
円さんは意味深な台詞を吐いて、立ち去った。
【…あれ?彼方さんじゃないですかィ】
《あら、彼方さんではないですか!》
後ろから出雲さんのお店で働く従業員、
ハナさんとジローさんの声がする。
「…あ、ハナさんとジローさん」
【…あいつ…円。彼方さん、あいつと
関わってるんですかィ?】
ジローさんは去っていく円さんの背中を
睨みながら僕に言う。
「…え、あ…向こうの方から…」
【…そうですかィ。あんま、あいつと
関わらない方が良いですぜィ?
決して、悪い奴じゃないんだろうがねィ】
《円さん…あの方も色々なお悩みを抱えて
いらっしゃいますからね》
ハナさんは悲しそうに、ジローさんは悪態を
吐くように吐き捨てた。
『おや、彼方くんじゃないか』
ジローさんとハナさんが帰った後、後ろから
凛々しくも澄んだ少年…否、出雲さんの
声がする。
「あ…出雲さん」
『円と何か話していたのかい?』
「…え、ま、まあ…。…あの、円さんって
妖怪なんですか…?」
『…見たいならこの手鏡を使うと良いが…
決して【アレ】と目を合わせないでくれ給えよ』
僕は出雲さんの【アレ】と言う発言に首を
傾げながらも、帰っていく円さんの後ろ姿に
手鏡を翳す。
「……ひっ!」
そこに映っていたのは男性の背中…ではなく
闇で繋がれた無数の髑髏だった。
僕の悲鳴が聞こえたらしく、円さんであろう
【ソレ】が振り向く。
…目が、合ってしまった。
頂点の髑髏の空洞から覗く赤い光が、
僕を見つめる。
すぐに出雲さんが僕の手から鏡を叩き落とす。
手鏡が地面に落ち、粉々に割れた。
『…円は、目競なのさ』
「…目競…?」
『平清盛と睨めっこをした話が有名だね。
残留思念の集合体のアヤカシさ。その視線には強い力があるから、跳ね返すのはよっほどの
霊力の持ち主でないと無理さね』
出雲さんはそう言い、『帰ろうか』と言った。

- 出雲の店「雑貨屋狭間堂」-
「…帰りました」
《あら、彼方さん!今お茶が入りましたよ、
どうぞ!》
ハナさんが笑う。
うら若き大正乙女ハナさんの本当の姿は、
電車だ。廃線になった都電6500番。
電車であるからか、見た目にそぐわず怪力の
持ち主である。
そして、奥で寝ているジローさんの本当の姿は、
今は猫背のイケメンさんになっているが猫だ。
《元気がありませんね?何かあったんですか》
ハナさんが心配そうに声を掛けてくれる。
「……今日、泊まっていっても良いですか。
何だか、怖いんです」
『ああ、構わないさ』

  • No.23 by 御鏡  2019-04-21 21:49:27 

新キャラ君…否、新キャラさんが出来ました。お久し振りです。
人気、出るかな…くらいの気持ちで作った新キャラさんです。

「…所長殿、些か…暇ではありませぬか」
「うん?君もそう思うかい…?嗚呼、僕もそう思うよ…」

 ここは黒屋敷の二階右端に位置する、他の部屋より微弱ながら
広い部屋。三の人格を有する、人格者アラクネアの部屋。
探偵が事務所として使う部屋。付いた渾名は、"蜘蛛之巣"。
一度承諾した依頼は、例えどんな依頼であっても、完遂する。
 従業員は、所長とその助手と、たったの二人だが。もっとも、
所長は三重の人格、エン・ダル・スピルを有し、それぞれの職業は
小説家・探偵・探究者。小説家は時にミステリー小説を書く。
探偵は頭脳明晰。探究者は一度獲物の尾を掴めば、その正体を
見抜くまで離さない。助手は、博識洽聞な黒屋敷の執事。まさに
完璧と言う言葉が似合う、非の打ち所がない男……多少、正確に
難があるようだが。

「……やれ、一つ茶でも淹れて参りましょうぞ」
「…少々待ちたまえ。足音がする……革靴、そして仄かに響く
金属の音……彼が来る。紅茶と檸檬を用意すべきだ」
「嗚呼…彼でございますか。承知仕った」

 助手が給湯室へ向かったその時、部屋の扉が開き、2mを
優に超えるだろう長身の、巨大なメスを背負った男が現れた。

「やあ、ファウスト君…久方振りだね。暫く見ない内に、雰囲気が
変わったかな?」
「ダルさんも元気そうで何よりですヨ!ところで、ユリウスは
いらっしゃいますか?」
「嗚呼、居るよ。しかし珍しいね。君が彼に用事とは…」
「ええ…私だって不服ですけどネ!大切な彼女のためなので、
我慢してるンですヨ!!」

 事務所から聞こえる声に、ユリウスは給湯室から顔のみを覗かせ
ファウストに向けて静かに言い放つ。

「あいや、ファウスト殿。暫くぶりでありますなァ…今飲み物を
お持ちします故、少々お待ち下され」
「っ…本当に、久し振り…ですネ…!」

 ファウストが唯一苦手な男こそ、ユリウス・ロ・ヴェッセント。
長い前髪を全て右に流す事で右眼を隠し、左眼の片眼鏡の奥に潜む
紅い眼は、全てを見透かすように鋭く、そして光が無い。

(やはり彼は…相も変わらず、ですネェ……)
「ファウスト殿、砂糖は二つで宜しかったかな?」
「え、あ…ハイ…」
「所長殿、砂糖多めの珈琲にござい」

 言いながらユリウスは机上に二人分のカップを置き、自分は
ダルの隣に腰掛けると、少量のミルクを加えた紅茶を優雅に啜る。

「うむ、君の働きぶりは実に見事で、流石の僕でも舌を巻く程だ…
で、ファウスト君。彼に何の用なんだい?」
「あのですネ。今朝、ポストにこンな手紙が入ってまして…
ユリウス、どうぞ」

 ファウストから手紙を受け取り、一通り目を通したユリウスは、
次の瞬間ファウストの胸倉に掴み掛っていた。

「キ、貴様…っ…貴様が付いていながら、何たる不始末!俺の……
我のエマ殿に、何かあったらどうしてくれるので!?」
「…もう何かあったからこうなってるのでは?何々…
『ちょっと誘拐されて来ます』…?はあ、何だいこれは。
新手の悪戯かね?」
「グ…ッ、まだソッチの方がマシ、ですヨ…でもですネ、
その手紙を良く見てください…特にユリウス!」

 荒々しくユリウスに背負い投げを掛け、ファウストは
彼から解放される。ゆっくりと立ち上がった彼がもう一度手紙を
見直すと、下の方にもう一つ、「八脚を持つ人物と霧の都に
向かえば、そこに新たなる道が見える」と、意味不明な文章が
添えられていて。

「…まさか、ファウスト殿…これは彼女の自作自演で?」
「さァ?でも…アナタに対する挑戦状なのでは?」
「所長殿へではなく、我に…?」
「ええ、では私の仕事は終わりましたので、これにて失礼…」

 紅茶を咽喉に流し込み、ファウストは事務所を後にする。扉に
巨大メスが引っ掛かったのは見なかった事にしよう。ダルもまた、
「君への謎だ。僕が協力してはならない」と言って、ファウストの
後を追うように出て行った。残されたユリウスは、一人悶々と
考える。

(八脚の人物…我の思いつく限りでは、人格者殿とヴィオラ嬢しか
居りませぬが…否、死神様は如何か、かのローブに遮られ見た事は
ありませぬが、あの中は蛸足とも蜘蛛足とも、はたまた、ヒトの
手足が無数にあるとも聞く。はて…誰から当たって進ぜようか)

 あれこれと思考を巡らせながら、ユリウスはカップの中の
ミルクティーを飲み干し、八脚を持つ人物を探して部屋を出た。

To Be Continue…

新キャラさんpf
【通称】ユーリィ
【本名】ユリウス・ロ・ヴェッセント
【性別】男
【種族】不明(本人曰く人間らしいが、言動を見る限りそうは思えない)
【年齢】34歳(本人談)
【身長】175cm
【体重】55.1kg
【誕生日】9月1日
【趣味】ガーデニング
【好きな物】紅茶 水仙 虎百合 薔薇
【嫌いな物】不明
【異性のタイプ】「な、何をお聞きになられるか!?…あいやしかし…我とて男。
己への問いはしかとお答え致そう……内気な女性が好みですな」
【詳細】育った環境の所為で、愛を知らない男。長い前髪と仮面で右眼を隠し、
左眼に片眼鏡を掛けている。また、着用している燕尾服は
鎖など装飾類が多く付いていて、彼が少しでも動く度に
ジャラジャラと音を立てる。まるで、自分の存在を
周囲に思い知らせるように。
(ファウストの従兄であると言う噂も存在するが、真相は定かではない)
【口調】一人称は我。二人称は貴殿、貴方等相手に敬意を示すもの。
名前や職業名に殿を付ける、諺や故事成語、四字熟語を
多々交えて話す等、やや古風且つ独特な喋りで数多の人々に
歓楽を振り撒く男であるが、常日頃からその笑顔の裏には
翳りが見える。無理をしているような、そんな笑みだ。
しかし、彼を極限まで追い詰めた時、全てが一変する。
一人称は俺へ、二人称は貴様へ。自暴自棄になった
哀れな男が、欺瞞の仮面を脱ぎ棄てた時、彼の素顔が、
素性が暴かれる。

「ある時は天才詐欺師。またある時は名探偵。
またまたある時は有名たる小説家。そんな我が正体は、
とある屋敷の執事、ユリウスにござい!困った時は
何時でも我をお呼びくだされ!!」

  • No.24 by セシル  2019-04-26 17:35:34 

お久しぶりです!
自分は好きなキャラですよ!

  • No.25 by セシル  2019-04-26 18:48:38 

では、自分も新キャラを一人…。

【通称】クイーン
【本名】ゼロ・K・エイデシュテット
(ゼロ・クイーン・エイデシュテット)
【性別】男(!?)
【年齢】25歳(本人曰く)
【種族】???(本人はしがない人間とのこと)
【身長】200㎝
【体重】95,5㎏
【血液型】AB型
【性格】几帳面だが、適当な一面も。
【誕生日】2月7日
【誕生石】アメジスト
【趣味】読書、昼寝
【嫌いなもの】海、炎
【好きなもの】ロイヤルミルクティー
【ストレス発散方法】
聖歌を口ずさみながら人を切り刻むこと
【憧れの人】姉
【容姿】
目が醒めるように深く、濃い蒼色の髪。
片方の瞳は血塗られた鮮血の赤、
もう片方の瞳は雪のような白銀。
整ってはいるのだが、不思議と印象に
残らず、何とも言えない顔立ち。

  • No.26 by セシル  2019-05-14 17:15:42 

お久しぶりです!
作成途中のものを少し…

「紅い眼の化け物!」
どうして…?
「こっちに来るんじゃないよ!」
どう、して…?
「お前なんか、産むんじゃなかった!」
どうしてみんな、ぼくをきらうの?
ただ、いきていたいだけなのに。
ただ、うまれてきただけなのに。
ぼくは、「いらないこども」なの?

彼は他人と違う、薔薇のように深紅の瞳を
持って産まれた「だけ」の少年。

彼に、何ら罪はありません。

なのに何故他人は、彼を化け物と
呼ぶのでしょうか。

彼には、分かりません。

何故他人が自分を化け物と呼ぶのかが。

彼は、ただ生きていたいだけなのです。

  • No.27 by セシル  2019-05-20 17:15:20 

またまた途中のものを…

童話系です。

【それ】は、酷くつまらなく。

【それ】は、あまりに美しく。

【それ】は、時に残酷で。

【それ】は、吐き気を催すほど下らなく。

【それ】は、あまりに脆いもので。

【それ】は、大衆の望むもので。

黒いクレヨンを片手に、
白いスケッチブックをもう片方の手に。
【常識】から外れた小さな少女は呟く。

「【ハッピーエンド】なんて、
つまらないの。」

彼女は、手にしたクレヨンで空に浮かぶ字に
真っ黒い線を引く。

【ふたりはしあわせにくらしました】

この一文を、彼女は消した。

  • No.28 by 雨露  2019-05-25 12:31:24 

大変お久しぶりです、久しぶりに投稿させていただきます。





「……本当に、良かったの」

 袖で隠れている手で己の口を覆い、ぼそりと呟いた君。
 きっと思わず零した言葉なのだろう、僕の方は見ずにぼうっと呟いた気がしたから。

「ん? なんのこと?」

 だけど此処で終わらせるのは面白くない。久しく聞いた、強気な君の弱々しい声。
 それが顔に出てたのか、僕はにっこり笑っていたらしい。口角が上がる感覚と、君の露骨に嫌そうな表情をしたことで分かった。いつもそうするもんね、そんなに僕の笑顔が嫌い?

 それはさておき。

「とぼけないで、あの子のことよ。あんた今なら会えるでしょう? どうして会わないのよ」

 納得がいかない、とその態度と顔が語っている。腕を組みながら僕を睨んでいた。

 どうして、って言われてもなあ。

「だって……今会っても面白くないじゃん。だからいつか、ね」

 あの子に会ったらきっと驚いた顔をすると思う。何故ならあの子は分かりやすいから、そんな顔を想像しただけでもクスクス笑ってしまう。
 ……やだなあ君、そんな目で見ないでよ。

「出たよ、嘘……そんなに言いたくないの? 本当はあの子のこと」

「君に言って、何か利益がある?」

 余計なことを言いそうだったからわざと被せた。ついでに口も覆って。
 びくり、と君の肩が動いて退いた。


 ……本当はあの子のこと。


 その声が頭から離れなかった。何かムカついたから頬を弄りまくってたら頬を叩かれた。解せない。

「……そう。じゃあとられても知らないからね。」

 頬弄りもやめ、暫く続いた沈黙を破ったのは僕じゃなく君。
 その言葉の意味はどういうことか。なんて聞かなくても分かる。きっとあの人の企みのことだろう。

「……わーってるって」

 思わずにやりと口角が上がる。そんな僕の顔を見て君は目を細め、何か呆れたようにしてぼそぼそ言ってる。

 あんなやつらに奪わせるもんか、あの子を。



 大事な子を守ってやるよ、そうだろう。

  • No.29 by 匿名さん  2019-05-25 14:27:38 

初投稿失礼します。


「僕」は一人だ。でも、「僕」は一人じゃない。「僕」の中には知らない「僕」がいる。

昔、母さんに言われたんだ。「何で貴方なの」って。言われたときはまったく意味がわからなかった。何で、なんて、此方が何で、と問い返したい。僕の何が悪いんだ、とも。

しかし、謎はすぐに解けた。兄ちゃんに教えてもらったんだ。僕にとっては、衝撃の事実を。端的に言ってしまえば簡単で、だからこそわざわざちゃんと言おうか。

「僕」は元々二人だった。察しの良い人なら、もうわかっているかと思う。でも、あえて言わせてもらおう。「僕」は双子だったのだ。本当なら生まれてくるはずの「彼」を、「僕」は潰してしまった。「僕」がいなければ、「彼」は今頃生きていたのだろう。そう思うと罪悪感がひどかった。

だって、僕は何もできない。テストをすればいつだって平均よりも少し下だし、ボールを投げられれば落としてしまう。顔だって良い方じゃない。だから僕は嫌われる。何もできない僕じゃなくて、それが「彼」だったら、期待に答えられたのかもしれない。

「何で、何で……」

涙が静かに零れた。どうしようもない。今更僕が期待に答えられるような凄い人間になれるわけじゃない。

そんな僕なら、きっとこの世界にはいらない。募集がいなくたって、世界は動いていく。

「……さようなら」

手に持った凶器を首に当てて真横に引く。これなら確実に、自分を消せる。これで皆を困らせることもない。そうだろう?

朦朧とする意識の中で、知らない「彼」が笑った気がした。

  • No.30 by 御鏡  2019-05-25 21:30:04 

皆々様、誠にお久し振りで御座います。オリキャラが三名程出来ましたので、
紹介がてらの小説です。恋愛要素はかなり少なく、エマちゃんの出番も序盤だけです。
(ファウスト先生は一切出ません)オリキャラズの紹介は、各話の最後に。

「はぁ…ヴァランタ君、いい加減諦めたらどうかな。エマちゃんだってボクの事好きみたいだしさ」
「諦めるのはキミじゃない?カノジョはボクを好きなんだよ?…社長だか何だか知らないけどサァ…
ボクはここの局長で、プロデューサーなんだから、サ」

エレクトロ・エレクトロニカと、ヴァランタ・ヴィストリック。双方共に35歳。その立場は、
大企業の社長と大手テレビ局の局長にして、一流のプロデューサー。互いに契約を
結んでおきながら、何時まで経っても仲が悪い二人は、今日もまた収録後に口論をしていた。

「はぁ…また喧嘩してるよ、あの二人…」
「やあれエマ殿。溜息を吐くと幸せが逃げてしまいますぞ?」

一方、渦中の人物のエミリー・ホプキンスは溜息を吐きながら二人の様子を眺めていた。
その隣では、黒屋敷からエマを迎えに来たユリウス・ロ・ヴェッセントが優雅に紅茶を注いでいる。
迎えに来た、と言うのも、エマは今回ヴァランタのプロデュースする番組に出演したのだ。
…エリックも同様の理由でここにいるのだが、相も変わらず繰り広げられる口論には
ほとほと呆れ果てる。

【通称】エリック
【本名】エレクトロ・エレクトロニカ
【性別】男
【種族】人間と魔族のハーフ
【年齢】35歳
【身長】222.2cm
【体重】88.8kg
【誕生日】6月9日
【趣味】術式を用いての調理
【好きな物】ミルクと砂糖を少量入れた珈琲 電気
【嫌いな物】キャラが被っている大手テレビ局の局長

気さくで誰が相手でも気軽に話しかける。サービス精神旺盛で、困っている人を見ると何が何でも
助けようとするが、別に人を疑う事を知らない訳ではなく、実際は貸しを作って、後々自分が
困る事があったら手を借りようとしているだけの腹黒。これは学生時代まで続いた家での暮らしと、
当時の家族や友人からの弟に対する扱いに原因があると言う。

学生時代火事に巻き込まれ、左眼と右腕を失っている。故に、現在は義眼と義手で補っている。
他にも、左眼の辺りの切傷痕、ネクタイの代わりに結ばれたネイビーカラーの大きなリボン、
ワインのように赤いトレンチコート、橙レンズのサングラスが特徴的だが、レンズが重い等の
理由から普段は対人時を除いてサングラスを外している。しかし、軽度の近視性乱視で、
サングラスを外している時は視界がぼやけるためか常に目を細めており、傍から見ると
不機嫌そうに見える。また、電気に関連する魔法を使う事が出来て、その気になれば雷も
自由自在だと言うが、人間の母の血の方が濃く、実際は上手く魔法を扱えない。そのため、
本人が使いたがらず、使っているのを見た者はあまりいない。弟を大切に思っているが、
弟は父の血が濃いため魔法を上手く扱えるので複雑らしい。
(エレクトロ・エレクトロニカは偽名で、真名は"ライトニア・ヴェッセント"だと言う噂が存在する)

一人称はボク。二人称はキミ。時々訳の解らない事(普段聞かない熟語や故事成語)を口走るが、
曰く弟や従弟の真似らしい。普段は人当たりの良い口調だが、弟や従弟の真似をする時は口調も
似せるため、初めて見る相手には驚かれる事が暫しある。

「や、元気してる?困った事があったら、何時でもボクに相談してね♪…さあれ!我はこれにて
失礼致しましょうぞ!…今の、弟の真似なんだけど…ボクは結構似てたと思うんだけど、どう思う?」

  • No.31 by 御鏡  2019-05-25 21:38:09 

「…行こう、ユーリィ。終わるの待ってたら帰りが遅くなる…」
「同意ですな。エレクトロ殿が絡むと碌な事がありませぬ」

そう呟きを残して、エマとユリウスの二人はテレビ局を去った。その際、視界の端にチラリと二人を
捕らえたのか、エリックを睨み付けるヴァランタの眼がより鋭い眼光を放つ。

「はぁ…キミの所為でエマちゃんが帰っちゃったじゃない。…そうだ!今度特番組んであげようか。
"弟を見捨てた兄!大企業社長の実態に迫る!"…って言うタイトルで」
「!!……へぇ…このボクを脅そうっての?やっぱキミ、良い度胸してるよねぇ…!!」

周囲に紫電の閃光が迸り、サングラスを外したエリックは視界の悪さに目を細める。
普段「機嫌が悪そう」と恐れられる彼に、ヴァランタは皮肉るように、

「…純粋な魔術師の血族であるワタシの魔術に、
キサマのような穢れた血の魔術が勝てるとでも思ってるんじゃねぇだろうな?」

と、エマの前で発する声よりも、それ以外の時に発する声よりも、数倍低い声で嘲笑を零した。

「…やっと本性を現してくれたねぇ。その方がやりやすくて良いケドさ。
ホラ、普段のキミときたら。ボクとキャラが被ってるじゃない」

エリックは「やっぱり、キミもボクと同じだね」と呟くと、ヴァランタを煽るように続けて言った。

「キミさ。本当は、エマちゃんを愛してなんかないでショ?だって、欺瞞・虚飾・陋劣…負の遺産に
塗れたあの番組を見れば明らかだよ。裏社会で深夜、密かに放送されるあの番組…キミが
プロデュースしてるのは知ってるんだよ?ヒトを見下し、嘲り、貶めて、陥れて。流石、一流サンは
違うねぇ…ね。ホントの事話した方が身のためだよ。楽になる……ボクはね、あの子の
力になってあげたいの。だからあの子に近付いてる。ケド…オマエは違うだろ?」
「キ、キサマ…言わせて、おけば…随分勝手な物言いだな。エレクトロ・エレクトロニカ…
否。ライトニア・ヴェッセント」
「…その名前で呼ばないでって、言ったよね?」

何時如何なる時も、仄かに笑みを携えていたエリックの表情が、一瞬で崩れた。ヴァランタは、
すかさずハンディカメラを構えて動画の撮影を始める。

「ふ、良い表情だな。その通り、愛を求めている訳ではない。ワタシは与えてやりたい。
今キサマが浮かべている、虚にして無なる表情。絶望を。しかし、キサマもワタシと何ら変わらぬ。
何故ならば、キサマはあの娘を利用しようとしているからだ」
「……気付いてた、か…ま、当然だよねぇ…」

【通称】ヴァランタ
【本名】ヴァランタ・ヴィストリック
【性別】男
【種族】魔族
【年齢】35歳
【身長】207.8cm
【体重】77.7kg
【誕生日】12月25日
【趣味】証券売買
【好きな物】魔術 有能な人物
【嫌いな物】キャラが被っている大企業の社長 異種族と交じった血を持つ魔族(曰く「穢れた血」)

大手テレビ局の局長にして、同時に一流のプロデューサーで通称"ヴァレンタインP"。様々な番組を
プロデュースする傍ら、自らも"純血にして高貴なる魔術師の末裔"を名乗り、ヴァラエティ番組等に
出演している。しかし、振り撒く笑顔の裏。裏社会で深夜に放送しているとされる、ある番組では、
若干他人を見下しているとも取れる発言をしたり、有名人のスキャンダルをサラリと言い放ったりと
やりたい放題と言う噂がある。そして彼は、とある大企業社長の弱みをも握っていると言う。

一人称はボク。二人称はキミ。良く語尾が一文字だけ片仮名だったり、バ行をヴ行で
発音したりする(一人称と人名はバ行のままの模様)。普段は人を気遣い、気遣われ。貫禄を
持ちながらも飄々とした一面を前面に押し出している。しかし、仕事上仕方ないとは言え、
好意や親近感を持たない、苦手とする人物や嫌いな人物とだけで行動しなければならないと知ると、
小さな舌打ちと共に性格が一変する。その際は、一人称はワタシに。二人称はお前やキサマになり、
飄々とした口調も荒々しくなる。

「あ、ボクはヴァランタ・ヴィストリック。通称ヴァレンタインPだよ。シクヨロー★
……ノリが悪いな、そんなんじゃチャンネル変えられちまうぜ?こう言う時は、『シクヨロー』って
返すのが常識ってもんなんだよ、それが例えお世辞でもな」

  • No.32 by 御鏡  2019-05-25 22:12:42 

「キサマ知っているか?深淵に魅せられた女は、災厄を被る。同じ奴が買うんだ。
女が絶望した時のカオを、絶望させるまでの過程を撮ったモノを」

『…絶望の顔…か。キサマ、中々に良い趣味を…しているな…』

「そう言って、何枚も何十枚も買って行く。ワタシも新しい商品を
入荷するのが大変で少々困っているんだがな」
「余計に、彼女を渡すワケにはいかないね」
「我が魔術に敵わぬと知っていても、ワタシに挑むと言うか…
やはり変わらぬ。キサマは何も変わっていないな…」

エリックはサングラスを掛け直すとナイフの先に紫電を纏わせ、ヴァランタは掌に火球を造り出す。
その次の瞬間、

「……"リリス"……」

低い声と共に、二人の魔術は解かれた。二人が、声のした方を見ると
そこには、左眼を隠した一人の男が立っていた。

「どう言うつもりかな、ドロセルちゃん」

男の名は、ドローセル・ブラットウェル…知人は皆、ドロセルと呼んでいる。彼は、エリックと
ヴァランタの争いを止める事が出来る唯一の人物。

「…どうもこうも無い…オマエ達は、周りの迷惑を考える事を知った方が良い…
…キミ達も、そう思うだろう…?」
「…キミ…何で、その子達を連れて来たの…?」

ドロセルが声を掛けると、その背後から二人の少年少女、
そして先程エマと共に帰った筈のユリウスが現れた。

「は、はい…ドロセル様の言う通り、です…
に、兄さんは、もう少しエリック様と……親睦を深めるべき、です…」

気弱な少年、ヴィクター・ヴィストリック。

「その通りなの!エリックさんもヴァレンタインさんと仲良くしなきゃダメなの!」

やや天然な少女、ヴィオレッタ・チョッカー。

「…ドロセル殿、我を呼ぶ必要はあったので……?」

そして、ユリウス・ロ・ヴェッセント。この三人は、
いずれも、エリック・ヴァランタ・ドロセルの三人と、深い関りを持つ人物だった。

「……必要があったからこそ、呼んだのだ……さあ、ユリウス…
ヴィオレッタとヴィクターを、無事に屋敷まで送ってやれ…」
「嗚呼…我を呼んだのはそのため、でしたか…」

予想外の答えに苦笑すると、ユリウスは少年少女達に向かって手を差し伸べ、「帰りましょうぞ」と
笑いかけた。ヴィクターは小さく頷いて、ユリウスの服の袖を掴み、ヴィオラもまた「はーい!」と
元気な返事をしてユリウスの手を握り、三人は去っていった。

【通称】ドロセル
【本名】ドローセル・ブラットウェル
【性別】男
【種族】人間
【年齢】36歳
【身長】192.4cm
【体重】66.6kg
【誕生日】4月16日
【趣味】"物語"を綴る事 読書
【好きな物】本 小説家 ココア
【嫌いな物】本を大切に扱おうとしない人物

深緑のローブを纏い、左眼を隠した男で、常に数冊の本を抱えている。大企業社長のエリック、
大手テレビ局の局長のヴァランタとは同期で、二人を仲裁するのは、決まって大図書館司書にして
出版社の社長である彼だ。しかし、彼等が争う原因を作ったのも、また彼である。そして、彼が
所有している本は毎日別の本だが、一冊だけ変わらない本がある。それは、"物語"が綴られた本…
…綴られた"物語"を、具現化する本。

一人称は私。二人称はキミ、またはオマエ。喋る前、アリス程ではないが少しの沈黙を作る。
しかし、その沈黙は作っているだけだ。本来は、問いに即答するような男だった筈なのだ。

「キミの名は?失礼、私はドロセルだ……ふむ、■■か…クックック…
…キミには、どのような物語を綴ろうかね……」

  • No.33 by 御鏡  2019-05-25 22:15:45 

「…ああしてると、保父さんみたいだね…ユリウス」
「…まるで、全てを忘れてしまったようにも見える…ねー…」
「……しかし、それは決して有り得る事では無い…何故ならば、全て書かれているのだからな……」

エリックとヴァランタの呟きに、ドロセルは手にしていた本をゆっくりと開いた。有名な小説家、
アラクネアが出版した新書。三人の若者が、自分達の弟妹を救えず後悔しながら大人になり、
そしてその罪を償おうと、今からでも弟妹を救おうとする話。

『一人の青年は、非道な虐待に遭い、
愛されるために自ら心を壊し、道化を演じる』
『一人の少年は、その性格によって残酷な虐めに遭い、
己を守るため、その身の内に新たな人格を生成する』
『一人の少女は、頼れる兄が不在の内に残虐な事件に遭い、
消えた両親と兄の代わりになる人物を、盲目的に信頼する』

「人格者アラクネア…本名はエンスピル・ダル、か…謎に満ちた男だ。私が今後を綴るのに対し、
彼は過去を綴っている。全てを、知っている。誰にも話していない事でさえ、知っている」
「…エレクトロ・エレクトロニカ、か。今思えば、変わった偽名を思い付いたもんだね、ボクも…
…結構気に入ってるんだけどさ。ヴァランタ・ヴィストリック…キミはどう思う?あ、偽名の事ね」
「キミがそう思うんなら、良いんじゃない?キミだって、ボクと同じ意見でしょ?
……マリネッタ・ルーク・チョッカー」
「…懐かしい名だな。嗚呼、ライトニア・ヴェッセント。
キミが満足しているのなら、私も異議はないよ」

互いの名を、改めて呼んでみる。すると、捨てた筈であったのに
懐かしく暖かく、捨てるのが躊躇われた。

「否、私はドロセル。そう、ドローセル・ブラットウェルなのだ…立ち止まる事は、許されぬ…
…綴り続けなければならない…」
「エレクトロ・エレクトロニカ。この名を負って、ボクは社長として会社をより良くするんだ…!」
「ボクは本当の自分を捨てなかったけど…そうだな、お前達が固い信念を持ってるんなら、
協力しねぇワケがねぇだろ。何故なら、ワタシはヴァランタ・ヴィストリック……
大手テレビ局の局長にして、一流のプロデューサーだからねー☆」
「有名になったならば」
「権力を持ったならば」
「それを存分に振るおうではないか」
「「「我等が目的のために」」」

脱ぎ捨てられた虚飾の仮面を、再び被る。それは、過去から眼を背けるためではなく、
過去に向き合い、そして現在を変えるため。三人の権力者達は、スタジオを後にした。

今も尚、綴り続けられる物語の最後には、こう書かれている。

〈罪は消えない。それ故に、罰が常に背を狙っている〉
〈その背を狙うは、罪の証〉
〈手に入れた力を以て、権力者達は弟妹を救う〉


これにて完結。何度も連投してすみませんでしたぁッ!

  • No.34 by セシル  2019-05-28 16:41:51 

皆様、お久しぶりです!

思い付きのものを一つ…


暗い部屋に、スーツを着た青年と
ラフなシャツの青年が向き合って座っている。

「…ゼロ・シャーウッド。1995年、
リベル塔にて…」

スーツを着た青年が立ち上がって呟くと、
目の前の青年はさらさらとペンを動かし始める。

まるで印刷物のような筆記体で、鉄のペン先が
紙を引っ掻く僅かな音だけが響く。

その流麗な文字と筆記速度の実現は、
生者のそれでは不可能である。

無論それは、【屍者】を以て可能となる。

「………フライデー」

呼び掛けに、フライデーと呼ばれた、
年若さを永遠に固定された青年型の屍者は
一瞬動きを止め、ペンを置いてから
えらくゆったりとした動作で首だけをこちらに
回す。

机に置かれた生首が自らの血に滑るように。

細部としての動きは完璧なのに、どこか
生者とは異なっている。

今指令を待って、こうしている間でさえも。

何故か停止している屍者と、死者の区別は
小さな子供にでもつく。

個体識別名…フライデー。

その虚ろな脳に運動制御用エンジンと
拡張言語エンジンを書き込まれた、二重機関の
屍者だ。

「…不気味の谷」

フライデーはこちらを向いたまま、私の発言を
活字に変えて紙へと走らせる。

  • No.35 by セシル  2019-05-28 16:56:31 

連続投稿失礼します。

「さ よ な ら」

君の唇が、そこから発せられるはずである
声は無かったがそう紡いだ。

と同時に、君は屋上の縁へと走り始めた。

「待って!」

僕は必死に走るが、彼女には届かない。

たった数メートルの距離。

それが永遠であるかのように。

「ね え… し ぬ の っ て、 こ わ い ?」

彼女は、柵の外から身を乗り出し、笑う。

「……分からない。でも、死んでほしくない」

僕は彼女にゆっくりと近付く。

僕の答えに満足したのか、彼女はまた笑う。

「そ っ か… あ り が と う」

そのときの笑顔はまるで、女神だった。

その笑顔を顔に張り付けたまま、彼女は縁から
天使のごとく虚空に、飛翔した。

しばらくして、悲鳴が響く。

僕が下を見ると、血溜まりの中心で、
しかし頭が潰れたりはしていない彼女が、
眠るように死んでいた。

最後に彼女は、

「あ い し て」

と呟いていた。

僕の意識は途端に眩み、頭の奥で彼女の笑顔が
フラッシュバックする。


次の日。

僕はまた、彼女を見た。

普通にクラスへやって来て、勉強をしていた。

信じられない。あそこから落ちて、
無事であるはずがない。

…そうか、これは…罰だ。

彼女の代わりに僕が死ぬまで続く、罰。

  • No.36 by セシル  2019-05-28 17:08:28 


「…薫…。」

『はいはい、どうしたん?』

恋人である綾子が、やけに悲痛な声で俺を呼ぶ。

「ねえ、私仕事で失敗しちゃったの…」

『あはは、そらしゃあない。綾子やって
頑張ってんやろ?』

俺が答えると、綾子は笑った。

「ふふ、そうよね。もっと頑張らなくちゃ…」

『せやなぁ。でも無理はせんでええねんで?』

綾子は「私、頑張る!」と元気に言って、
俺にハイタッチを求める。

『はいはい、頑張りや』

俺も手を伸ばしたが、綾子は手が触れる前に
立ち去っていってしまった。

『…何や、変な綾子やなぁ』

俺は不思議に思いながらも、近所のお婆さんに
挨拶をする。

『おはようございます』

ところがお婆ちゃんは、耳が遠いのか
返事をしてくれなかった。

『…?』

俺は家に戻るものの、お腹は空かない。
弟たちも気付いてくれない。

何故だ?

その時、外から話し声が聞こえた。

〔…大変よねぇ。ここの息子さん…………〕

〔そうよねぇ。まだ若いのに、
……………じゃうなんて〕

だがざわざわとしていて、よく聞き取れない。

『…嗚呼、そうか。俺は……


もうとっくに、死んでたんやな』

そうだった。俺は綾子を庇って、
車に撥ねられて死んだんだった。

何故こんな大事なことを忘れていたんだ?

綾子が心配で、成仏できなくて…。

『…幸せになりや、綾子。俺はいつでも
見てるから』

  • No.37 by 御鏡  2019-06-01 21:34:00 

明日、6月2日は我が家の料理長の誕生日、なので…料理長のお話を一つ。
■■には、ご自分のお名前を置換してお読みくださいませ。

『狂ってしまう』

ゆっくりと時間を掛けて、男は手にしたそれを丹念に磨く。男…キドルの相棒。
彼が、異形館で料理を手掛けるのだと決まった時、異形の医師が贈呈した巨大な肉切り包丁。

「…これで、仕事、に…取り掛かれる~…」

蝋燭に灯った炎が揺らめく。並みの人間には到底ない怪力を用いて、包丁を持ち上げる。
それはまるで鏡のように磨かれ、彼の象徴とも言える、頭部の蝋燭を映し出していた。

「やあ、Mr.キドル。調子はどうだい?」
「俺、は上々~…G、こそ…どうだ…?」

厨房に向かおうと、部屋を一歩出た瞬間に、天秤頭のジジャと鉢合わせる。秤を動かしながら、
彼は屋敷の玄関の方角を指差し、和やかに言った。

「勿論!僕も上々だよ。ところでMr.キドル。丁度"彼女"がやって来たようだが、どうするんだい?」
「!!…感、謝…後で、好き、な物を…御馳走する~……」
「それは、嬉しい話だね。では!金と愛と友情と、その質量は全て等しく同じ、同じ。
ゆらゆら揺れて、ストンと落ちる。ここらでお別れだね。金と愛と友情と、その質量は
全て等しく同じ、同じ。ゆらゆら揺れて、ストンと落ちる。金と愛と友情と…」
「耳、に…残る歌…」

舞うように去ったジジャを見て、キドルはポツリと呟いた。そして、厨房に向かい、
冷蔵庫を開けて食材を取り出す。

「今日、こそ…作、れる……一世、一代の…自信、作~…」

ブツブツと呟きながら、キドルは千切りにした玉葱を鍋に投入する。もし、彼の表情を
読み取れる人物がいたならば、きっとこう言うのだろう。
非常に嬉しそうだが、何を企んでるんだ?と。

「今日こそ覚悟して貰いましょうかね人間様ァ!?」
「無理無理無理、絶対無理ーーーーーーーーーーーー!!」
「…騒がしい…料理、が…不味くなる~…」

粗方スピーカー頭のラウディスピックが"彼女"を見つけてしまったのだろう。怒号と絶叫、
そして走り回る足音が厨房まで響き、キドルは静かに愚痴を零した。

「あっ、テメ、そこは卑怯だぞ!」

ラウディスピックのその一言を最後に、屋敷中に響き渡っていた音が止む。

「ど、どうなっても知りませんからね。僕は悪くありませんから。
そ、そうですよ。アイツの仕事場に入ったお前が悪いんですよ…」

ラウディスピックは、怯えた様子で呟くと、周りに誰も居ないのを確認してから、
逃げるようにその場を去った。

「…やっと…静か、に…なった~……」

一方厨房では、キドルが仕上げをしようとしていた。彼が再度包丁を振り下ろしたその時、
背に強い衝撃を受けた。

「………」

液体がそこから溢れ出て、足元に水溜まりを作る。ゆっくりと背後を振り向けば、
そこには"彼女"が、■■がいた。

「あ、あの、えと。ご、ごめんなさいキドルさん、お仕事中とは知らなくて…あの、その…
け、怪我、しちゃいましたよね。大丈夫、ですか…?」

未だ混乱しているのか、それとも今だから混乱しているのか。どちらにしても、
今のキドルにとっては変わらなかった。

「…手元、が…狂った~……」

包丁を振り下ろした瞬間に背中に衝撃を受け、位置が若干左に寄った。つまり、具材を押さえる
左手の上に、包丁が振り下ろされた。敏感なキドルは、咄嗟に振り下ろした腕にブレーキを掛け、
食材を押さえていた手を引いた。とある物さえなければ、キドルの指は傷付かずに済んだだろう。
だが、地球上の全てはそれに逆らう事は出来ない。そう、重力だ。重力さえなければ、切れなかった。

「……イタイ……」

今も尚、キドルの指からはドクドクと血が流れ落ち、彼の隣では■■が慌ててポーチを漁っている。
キドルは痛みに耐えながらも調理を続けていたが、不意に動きを止めた。何事かと思い、■■が
彼を見やろうとした刹那、停電が起きた。

「ひゃ!な、な、な…何で、このタイミングで停電が…っ!?そ、そうだ、キドルさんの蝋燭…!!」

暗闇の中、手探りでライターを探していると、微かな明かりが灯る。同時に、強い力で腕を
掴まれた。突如腕を掴まれた事に驚いた■■が、恐る恐る振り返ると…

「責任、は、取って貰う、ぞ~………」

そこには、前髪で目を隠し、コック帽を被った、長身の男が居た。コック帽の上部には、
蝋燭が付いていて、そこでは炎が淡く燃えている。■■が慌てて辺りを見渡すと、
そこにキドルの姿は無かった。

「え、あの、責任って…それに、あなたは、誰ですか?キドルさんをどうしたんですか!?」
「責任、は…責任~…」

早口で捲し立てる■■の口に、男は左手の指を数本捩じ込んだ。同時に、逃げられないよう右手で
彼女の後頭部を押さえ込む。あまりに突然の事に、■■は混乱し、目を瞑って思考を巡らせた。

(何、この臭い…錆臭い…それに、鉄みたいな味もする…ひょっとして、この人………キドル、さん…?)

薄らと眼を開くと、目の前の男は満足そうな、嘲るような笑みを携え、■■が自身の指を舐めるのを
眺めていた。ゾク、と寒気が■■の背筋を駆け抜け、身体中に危険信号を送る。そんな彼女の心中を
知ってか知らずか、男は彼女の口から漸く指を引き抜いた。唾液はまるで蜘蛛の糸のように引かれ、
蝋燭の光に反射して、雨露のように輝いていた。彼方に飛んでいた■■の意識を戻したのは、
背に感じた鈍い痛みだった。

「今日は俺の誕生日~…欲しいのは、一世一代の最高作だけ~…」
「ちょ、何するんですか…!?」

男の後ろに、蜘蛛の巣が張った、くすんだ天井が見える。どうやら、床に押し倒されたらしかった。
男のブロンドの前髪の隙間から覗く紅い瞳が、爛々と輝いている。男は■■の腕を押さえ付け、
あろうことか小さな彼女の身体に馬乗りになって、彼女のシャツの裾を軽く捲り上げる。

「言った筈だ~…俺が欲しいのは、一世一代の最高作…作るには、最高の材料が必要……そうだろう?」

男が邪気を含んだ笑みを浮かべるのと同時に、■■は意識を失った。

「■■…俺はまた、狂ってしまう…な…だが、全部お前の所為…お前、の所為で、
俺も、俺の手元も狂うんだ……」

出来上がった料理を食べながら、男はボソリと呟いた。



ええ、■■がどうなったかは御想像に御任せしますよ。

  • No.38 by セシル  2019-06-26 13:37:51 

(彼女の言う《白い監獄》とは何処なのか。
優くんは何故、彼女を抱き締めたのか。
彼女は、監獄を出てからどうなったのか。
考えてみてください!)

篠原海里(しのはら かいり)sideーーーー

ここは、白い監獄だ。

私は監獄のベッドで目を覚ます。

腕に繋がれた鎖も、掛けられた毛布も。

小さな鉄格子の小窓から見える、綺麗な海も。

殺風景な部屋も。

何も、昨日と変わらない。

看守たちの話を盗み聞きしたところによると、
私はもう少しでこの監獄を出られるらしい。

監獄を出られたら、何をしよう。

待たせっぱなしのあの子に会いに行かないと。

美味しいご飯も食べたいな。

綺麗なお洋服だって着たい。

ピンクの服を着た看守が、扉をノックする。

《貴女に面会よ》

看守がドアを開けた。

そこには、あの子がいた。

私がずっと待たせていた、優くんが。

「何で君が?」

私が問い掛けると、彼は私を抱きしめた。

『良かった』とだけ言って。

《面会時間は5分よ》

看守がそう言ったのも、
聞こえていないようだった。

「苦しいよ、放して」

私が笑いながら言うと、彼は

『ご、ごめん!』

と言って、私から離れた。

「ねえ、私、そろそろここを
出られるんだって。出られたらさ、
海を見に行こうよ」

『そうだね』

私が思い描いていた計画を話すと、彼は
笑いながら聞いてくれた。

「あの人たちね、私がそろそろ
《ここから立ち去って、海に行ける》って
言ってたの」

私がこう言うと、彼の顔が真っ青になった。

『海に…って』

「どういう意味だろうね?」

彼は、私をまた抱き締めた。

『…海里…僕を置いていかないで……っ』

ぐすぐすと、泣いているみたいだった。

「大丈夫だよ、私は居なくならないよ」

私は彼の背中をぽんぽんと叩く。

『…本当に?』

「うん、約束するよ」

私は彼と指切りをしてみせる。

《時間は終わりよ、出ていってちょうだい》

看守が彼を呼んで、彼は看守と一緒に
出ていった。


次の日、私は看守に言われた。

《海里ちゃん、貴女は安心して寝ていて
良いのよ》

「本当ですか?」

《ええ、本当よ》

看守は何故か、泣きながら頷く。

私が安心して目を閉じると、何だか周りが
騒がしくなった。

耳には、看守たちの声が聞こえる。

《医務長を呼んできて!》

《体調が急変したわ!》

うるさいなぁ。そう思いながらも、
私は寝ていた。

急に目の前が開けて、私は海に居た。

あの小窓から見るよりも、ずっと大きな海。

…そうだ、優くんはどこにいるんだろう。

私は優くんを探した。

でも、どこにもいなかった。

海面を見ると、優くんがいた。

優くんのお家だろうか、部屋で優くんが
首にロープを掛けようとしているのが見えた。

「……優くん、ダメっ!」

私は懸命に叫ぶけど、優くんには
聞こえていないみたいだった。

優くんは笑顔で、そのまま、
首にロープを掛けて、椅子を蹴った。

ゆうくんのからだが、ものみたいにゆれた。

ぶらぶら、ぶらぶら。ふりこみたいに。

ただゆれていて、わらってた。

私がその場にへたり込むと、後ろから肩を
叩かれた。

優くんだった。

いつもみたいにニコニコ笑ってた。

なあんだ、やっぱりあれは違う人だったんだ。

私は優くんに聞いた。

「優くん、来てくれたの?」

『うん。海里に会いたかったから』

(彼)暁優(あかつき ゆう)sideーーーー

僕は、彼女のいる監獄に来ていた。

看守さんに受付をしてもらって、
彼女の独房へと連れていってもらった。

久々に見た彼女は、頭に包帯を巻いて少し
やつれてこそいたものの、元気そうだった。

『何で君が?』

あの綺麗な声も、何一つ変わっていなかった。

「良かった」

僕はそれだけ言って、彼女の小柄な身体を
抱き締めた。

看守さんが何か言った気がしたけど、
分からなかった。

『苦しいよ、放して』

彼女が笑いながら言ったので、

「ご、ごめん!」

僕は急いで離れた。

彼女はそれがおかしかったのか、また笑った。

『ねぇ、私、そろそろここを
出られるんだって。出られたらさ、
海を見に行こうよ』

「そう、だね」

僕は彼女の計画を笑いながら聞いていた。

彼女は、こんなことを言った。

『あの人たちね、私がそろそろ
《ここを立ち去って、海に行ける》って
言ってたの』

海に行ける。その言葉が、刺さった。

「海に…って」

『どういう意味だろうね?』

僕は思わず、彼女をまた抱き締めた。

「…海里…僕を置いていかないで……っ」

僕はぐすぐすと情けなく泣いていた。

彼女が僕の背中をぽんぽんと叩き、言った。

『大丈夫だよ、私は居なくならないよ』

「…本当に?」

『うん、約束するよ』

彼女はその細い小指を僕の小指に絡め、
指切りをする。

《時間は終わりよ、出ていってちょうだい》

看守さんに言われ、僕は看守さんと一緒に
彼女の独房を後にした。


次の日、僕は…自殺した。

監獄から、《彼女が海へいった》との連絡が
来たのだ。

急いで監獄に行って独房を確かめたけど、
彼女がいた場所はぽっかり空いていた。

僕は家に帰ると、ロープを天井に掛けた。

椅子を用意し、ロープの輪を首に掛けた。

椅子を蹴ろうとしたその時、微かに聞こえた。

《……優くん、ダメっ!》

彼女の声に、ひどく似ていた。

僕は頭に浮かんだ考えを打ち消す。

彼女を守ってやれなかった僕に、彼女が
そんなことを言ってくれるはずはない。

だから、僕は…満面の笑顔で椅子を蹴った。

「………すぐ、そっちにいくよ」

息は少し苦しかったけど、気にならなかった。

彼女の居る場所へと、行くためなら。

僕は視界が開けて、海に居た。

向こうに、座り込んだ彼女が見える。

僕は走り寄って、肩を叩く。

彼女は安心したように笑って、僕に聞いた。

『優くん、来てくれたの?』

「うん。海里に会いたかったから」

僕は、笑顔で答える。

首のロープ痕は、きっちり隠せていたかなぁ?

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:その他のテーマ







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

console.log("通った"); トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック