歪みの巣 \ 〆

歪みの巣 \ 〆

匿名さん  2018-12-12 19:39:06 
通報

お声かけ頂いた方のみ。

コメントを投稿する

  • No.35 by 芥  2018-12-29 22:04:12 


名前?ん~、そうだねー…、
(当然の様に横に並び布団の用意を手伝う彼に表情は変えぬまま密かに視線移して。自らの名を応えた彼に名を聞き返されれば脳内で聞いた名を復唱しつつ思案するように声を漏らす。本来自分は警察に追われている身。一般人と馴れ合う等もっての外。果たして教えるべきか否か。僅かに躊躇するも直ぐに何処からか、彼になら良いか。なんて思いが沸きとうとう口を開いて、)
僕は芥っていうんだ。好きに呼んで良いよ。

  • No.36 by 芥  2018-12-29 22:06:34 

(\すみません!年末年始につき、明日から3、4日程お返事が出来ない可能性があります。ご了承下さると有難いです。レス消費すみません…!)

  • No.37 by 広瀬 志貴  2018-12-31 21:02:40 


芥…さんか。苗字、だよな多分。
( 暫く思考した末、躊躇しがちに告げられた名前を復唱する。落ち着いた雰囲気からなんとなく自分より歳上だということも察し、ぎこちなくさんを付け。小声で疑問を呟けば、「ええっと、下の名前は?」と辿々しく尋ね。しかしすぐ干渉が過ぎたという思いが脳内を過ぎり目を逸らせば、 )
や、無理に教えろとは言わないから。

( / いえいえ、大丈夫ですよ。お忙しい中ご報告ありがとう御座います。まだ始まったばかりですがお世話になりました。良いお年をお迎えくださいね…! )
 

  • No.38 by 芥  2019-01-02 18:48:36 


うーん、下の名前ね、
(此方の名前を復唱した後に遠慮がちに質問を重ねる相手に、此方も相変わらずの態度で応じる。苗字はともかくとして名前迄伝えては流石に不味いだろう。彼に興味こそあれ、まだ信用した訳ではなく、名前は伏せておくことにする。目を逸らした彼に再度顔を近付けて傾け口に指を添えてはにこりと口角あげて、)
秘密、かな?

(\優しいお言葉を有難う御座います!遅くなりましたがお返事をさせて頂きます。いえいえ、此方こそです!今年度も宜しくお願いします!)

  • No.39 by 広瀬 志貴  2019-01-04 14:56:48 


ふーん…家主に名前教えないとか失礼だなぁ。
( 自分でも踏み込み過ぎた自覚はある。とはいえすんなりはいそうですか、と話を終わらせるのはなんだか癪で不満を一つぶつけ。それで終わり、追尋することはせず「…まあ、良いや。」と諦めた様子で自分のベッドに入っていき。スタンドランプに手を置けば、 )
もう電気消すけど良い?

( / はい!、それでは背後は一度この辺で下がらせて頂きますね。 )
 

  • No.40 by 芥  2019-01-04 15:29:15 

流石に悪いとは思ってるけどさぁ、なにせ訳ありだしね
(へらりとした笑顔を見せたままに応える。余計な詮索をしてこない辺りやはり彼は好印象ではあり、「君に迄手をかけたくないしね、」と心の中で付け足す。消灯の声をかけられては布団にゴロリと横になり頭の下で手を組む様な姿勢になってから、再度視線を戻して)
良いよ~ありがと。じゃ、お休み

  • No.41 by 広瀬 志貴  2019-01-05 15:36:07 


( 就寝の挨拶を交わすことはせずランプの灯を消し布団に潜り込み。受け入れ難い出来事の連続に頭はすっかり冴え、眠気は皆無だがそれでも瞼を閉じて、 )
( ──翌朝、ゆっくり意識が浮上し薄く目を開ける。安眠とは程遠い目覚め。時計を見遣ると時刻は9時半、休日だからと言って何時迄も寝ている訳にはいかず体を起こし同居人を見遣る。此方からは顔が見えず眠ってるのかそれとも起きてるのか定かではないが、気を配り忍び足で歩き出し、 )
 

  • No.42 by 芥  2019-01-05 21:27:12 


(_何かの気配を感じ殆ど反射的に目が覚める。いつ頃からか人の気配に随分と敏感になってしまったお陰で何時も寝不足であり、それによって溜まったストレスの捌け口が殺人だなんて人には言うまい。眠気でぼんやりと霞がかった頭で薄らと目を開ければ見えるのは未だ馴染みのない部屋の風景で。そうか。昨晩は_。徐々に状況を思い出せば頭に浮かぶのはつい先程出逢った彼の顔。とすると、この気配は彼のもの。思案しては布団に手を突き疲れの残る体をゆっくりと起こし。視線をゆらり移しては重い口を開いて、)
…おはよ。

  • No.43 by 広瀬 志貴  2019-01-09 12:42:52 


…あー…別に、眠いならまだ寝てても良いぞ。
( ドアノブに手を掛けた丁度その時、布団の擦れる音と微かな声を聞き" しまった "と肩を揺らしては其方を見遣り。自分と同様、睡眠不足なのか覇気のない顔をしている相手。思わず大丈夫か否か問い掛けそうになるも押し込め、代わりに此方に合わせ必要はないと。眠りを妨げてしまったこともありバツが悪そうにしながら伝え、 )
 

  • No.44 by 芥  2019-01-10 21:28:09 


いや、僕も起きるよ。人様の家に泊めてもらってる訳だしね、
(重い瞼開き相手を再度見遣れば、此方を気遣う声がかかり。しかし素直にイエスと応える訳にもいかず断りを入れつつ立ち上がる。いまいち頭が働いておらず釈然とはしないが、ふと前夜の血に汚れた寝室が頭をよぎり今の内に片付けておかねばと一人ごちて。お世辞にも良いとは言えぬ視線感じつつ相手の方へ足を進めては、口には出し辛くも察して欲しくもあり遠慮がちに口を開いて、)
えーと、…僕にはまず、遣らなくちゃいけないことがあるからさぁ…ちょっと彷徨かせて貰うよ?

  • No.45 by 広瀬 志貴  2019-01-11 18:35:57 


そうか。
( 二度寝するかと思いきや相手も起床するようで。図々しいんだか慎ましいんだかよく分からない人だと思いながら返答を。次いで放たれた言葉は否が応でも昨晩の無惨な情景を思い出す鍵となり顔が強張る。俯き、普段なら手伝いを買って出たと思うが、今回は無理だ。人間の、それも両親の亡骸の処理をこなせてしまえる神経も気概も自分は持ち合わせてはいない。「良いけどッ…、勝手に部屋のなか漁ったりするなよ。」相手に任せつつ怒りの色をのせ釘をさし、 )
 

  • No.46 by 芥  2019-01-12 00:16:54 


ん~まぁ、片付けだし多少は…
(明らかに彼の表情,声色が変わった。途端に何故か言葉を紡ぐのを躊躇してしまい、その後の僅かな間の後にたった今、口に出すつもりの無かった単語を溢したことに遅れて気が付き。しかし既に性根から歪みきった自らの性格故そんな彼の反応を可笑しいと思ってしまった自分がいるのもまた事実で。脳裏をよぎる形容し難い感情には気が付かないフリをして目を逸らした彼を見つめ。一瞬にして張り詰めた空気を振り払う様に「、、じゃあまた後でね、」と声かけ相手の横をすり抜けては振り返らずに背を向けて昨晩の寝室に向かい、)

  • No.47 by 広瀬 志貴  2019-01-12 18:10:32 


あ、おい、ちょっと待て───、
( 寸刻の沈黙を破り己の真横を通り抜けていく相手を茫然自失としながら目で追いかけ。引き止めるも、どんどん遠ざかっていく背中に自然声は小さくなっていき伸ばした手も虚しく空を切って落ちる。そもそも彼が手を回してくれないと寝室はずっとあのままだ。それは嫌だ。なので多少の勝手は目を瞑ろう。はあ、と吐息を深く吐き出し頭を切り替えると己も自分のやるべきことを成そうとまずは布団を畳み始め、 )
 

  • No.48 by 芥  2019-01-13 00:23:59 


__。
(背後で己を呼び止める声がするが、振り返る理由も返す言葉も無く足を進め。辿り着いた寝室のドアを開けばひんやりとした空気にうっすら混じるのは血の臭い。室内を一瞥すれば幸い余り散らかってはおらぬようで、若干の安堵を覚える。一先ずは遺体を片付けるのが先か。収納を漁り大きめのスーツケースを2つと袋を取り出し、遺体を馴れた手付きでそれぞれスーツケースに押し込む。汚れたシーツ等は可燃ゴミとして処理すれば良いだろうとそのまま袋に入れる。床に落ちたナイフを拾い、ドア付近に立って再度室内を見渡す。_ざっとこんなもんかな。片付け終えた室内に異常等は見受けられ無い。さて、彼の元に戻ろうか、)

  • No.49 by 広瀬 志貴  2019-01-13 21:46:51 


……、
( 布団を畳み終えると洗濯機を回し次にキッチンで朝食の準備、黙々とルーティンをこなしていき。冷蔵庫から必要な食材を取り出しそこでふと、昨日己が発言したことを思い出し。部屋だけなら貸す、それ以外は知らないと言ったものの同じ屋根の下で暮らしていて食事を用意しないと言うのも変な話だ。なにより此方の寝覚めが悪い。どんな返答が返ってくるにせよ取り敢えず相手に聞いてみよう。食材を置き、寝室に向かって、 )
 

  • No.50 by 芥  2019-01-13 22:43:17 


__、
(手にしたナイフを宙に投げては手に落とす。最早癖の様になった動作をほぼ無意識に繰り返しつつ、今後についてぼんやり思案し。後始末さえ終えてしまえば、暫く休憩する以外にこの家に身を置いておく理由等無い。ましてや家主の己への態度があれとなれば尚更長居は難しい。けれど、出逢ったばかりの彼を今すぐに手離すのは惜しい気もする。まぁ、_後で考えれば良いか。ナイフを手に納め思案を諦めればドアを開け部屋の外に出る。と、廊下の先に彼の姿を認め、想定外のことに思わず眼を見開き、)
お、広瀬君…どうしたの?

  • No.51 by 広瀬 志貴  2019-01-14 22:59:11 


掃除もう終わったのか?
( 片付けは終わったのか丁度部屋から出てきた彼と鉢合わせ声を掛ける。近付くと一瞬、鉄臭い匂いが鼻腔を掠め、衣服にも至るところに赤い染みが出来ており。事情を知らなければ怪我でもしたのかと思い違いをしてしまいそうで。目を細めじぃっ、と上半身を見詰めた末、突然「……なあ、服脱いでくれ。」と、当初の目的を後回しにし取り敢えず服を脱げと一言。両腕を前に伸ばして此方に服を寄越すようジェスチャーする始末、)
 

  • No.52 by 芥  2019-01-15 00:26:33 


うん。もう終わったから入っても大丈夫だよー。
(此方に歩み寄り声をかけてくる相手。己もにこりとしつつ応じ、相手に見せるべきでは無いだろうとこっそりとナイフを背後に隠して。不意に服を脱げと言われれば当然の様に一瞬きょとんとし「服…?」と小さく呟くも、相手の視線追えば自らの服が汚れている事に気が付く。成る程と納得すれば、気がきくんだななんて思いつつ、抵抗もなくすんなりと身に付けていたパーカーを脱ぎ差し出された手に載せる。しかし大人しく渡したは良いものの言葉の真意はやはり謎で、眉寄せつつ遠慮がちに問いかけて、)
服…洗濯してくれようとしてる?

  • No.53 by 広瀬 志貴  2019-01-15 05:14:29 


そっか…、
( 部屋の片付けは済んだとの報告を受け取れば、安堵感から少し肩を撫で下ろす。パーカーを見下ろしていた視線を移し、眉根を寄せている彼と全く同じ表情を晒しては「…そうだが。こんな格好で部屋の中彷徨かれても目のやり場に困る。」なにより壁紙や家具が汚れたらその分だけ掃除する場所が増えて嫌だと付け足して。抱えていたパーカーを広げ袖や裾などあちこち点検し、幸いなことに血液はまだ固まっておらずこの様子なら水洗いすれば落ちるだろう。よしよし、と一つ頷き、 )
このくらいだったら洗えば落ちると思う。乾いたら返してやるからちょっと待っててくれ。
 

  • No.54 by 芥  2019-01-16 18:33:22 


へぇ、ありがとう、
(彼が言うには、洗濯が終わるまで暫し待てとのこと。にしても、自分の両親の血の付いた服をよく触って要られるな、なんて自分の立場も忘れて思案しつつ、まじまじと己のパーカーを凝視する彼を腕を組み見つめて。が、しかし現在の季節は真冬。肌を刺す冷気が寝起きの体に刺ある痛みを感じさせ、思わず組んだ腕で露出した腕を擦り。上半身だけとはいえ上着無しはキツい。それが至極正直な感想であり。恐縮とは十分に承知であっても僅かな期待を抱いては「ねぇ、良ければなんだけどさぁ、」と、納得したように頷く彼に声かけ「君の服、貸してくれない?」続け、)

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:1対1のなりきりチャット







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

console.log("通った"); トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック