「オキツネサマに憑かれてる」

「オキツネサマに憑かれてる」

物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 18:31:02 ID:ad3241738
通報
こんにちは。青葉子と申します。
物書きに憧れちょっとした物語を書きたいな、と思いまして。練習小説としてこちらを始めさせていただきました。
しっかりかくのはこれが初めて御座いますゆえ、何卒御容赦ください。

皆様にお願い事です。
物語の展開や文章などについて、アドバイスをいただけると有り難いです。
感想、質問何時でもどうぞ。ひとつずつ、しっかり返す所存です。
当方あまり学を積んでおりませんので、文法の誤り、誤字脱字等発生する可能性が御座います。教えていただければ、訂正して上げ直させていただきます。
不定期になる上、現実世界での生活がありますので、突然失踪するかもしれません。なるべくそうならぬように努めて参りますが、あらかじめご理解ください。

自分の好みや、当時ハマっていたモノが色濃く反映されているかもしれません。お気づきになった方はこそっと青葉子に言ってくださると、喜びます。

最後に。
私の事は、気軽に青葉子と御呼び下さい

コメントを投稿する

  • No.1 by 物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 18:34:46 ID:ad3241738

注意
一応BLですが、GLも含まれております。
大丈夫な方だけお読みください。
注意を無視して不快になられても責任は負いません

  • No.2 by 物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 18:58:55 ID:ad3241738



...死のう、と思った。



「ただいまー...あれ、母さん仕事かな」
慣れた手つきで鍵をまわして開ける。部活が長引いてすっかり暗くなった午後七時。いつも通りなら、母さんはいるはずだが。
たまに仕事が入って、と夜遅くに出掛けることがあったから、それかな。
特に気にせずリビングに向かって、目を向けた机の上に一枚の紙。

『暁へ
お母さんはもう、お父さんと暮らすのに疲れました。どうかお父さんと、幸せに暮ら「ふ...ふざけんなぁッ!」

バシッと床に叩きつけられて、紙が音をたてた。
それは日常が壊れる合図...いや、もしかしたら、もっと、ずっと前から壊れていたのかもしれない。

「そ...うだ。父さん...父さんは」

わずかな希望を胸に、スマホをだす。
電子音を響かせて、手のなかの板は鳴り続ける。
一回...出ない。二回...出ない。三回...

「なんで、なんで出ないんだよッ!」

聞けども答えが返ってくる筈も無し。
日常が、当たり前が、虚構の幸せが。壊れて...こわれて...コワレテ...
嘆くことしか、出来なかった。

  • No.3 by 物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 19:14:48 ID:ad3241738



今思えば、僕の家は世間一般的な幸せには当てはまらないだろう。

元々、両親の仲は最悪だった。僕がいようが、目の前で言い争ってみせた。時には、僕にまで矛先が向かうことも...

でも、そのあとに見せる嘘みたいな優しさが。逃げたいという思いをなくしてしまうほどに暖かかった。もしかしたら、この優しさがホンモノで。あの、こわいおかあさんはおとうさんは、ニセモノなんだって。信じてたかった。

大きくなればなるほど、それは幻想にすぎないんだってわかった。わかってて、隠した。
幸せになれないなら、幸せを演じてみせた。優等生で居て欲しそうだったから、優等生を演じた。親思いで、優等生で、幸せな僕。その僕が、両親の求めるものだった。バイトも初めて、家にほとんど一人だったから、家事もして。成績もしっかりとって。

結局、全て台無しになったのは、いうまでもない。どっちも、新しい恋人と逃げたんだから。お互いにお互いが、僕を引き取ってくれると思って。

信じてたのになんていっても、心のどこかで分かっていたから、恨むに恨めないし。もう、最悪だ。

でも、そんな苦しい思いも、今終わる。

  • No.4 by 物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 19:30:46 ID:ad3241738



「さっむ。まったく、何で日本の冬はこんなに寒いんですかね。某熱血テニスプレイヤーとか、10人くらいいたらあったかくなりますかね?」

高層ビル...とまではいかないが結構な高さ。屋上ということもあって、ここは寒い。
これから死ぬというのに、こんなに寒かったら、凍ってしまうぞ。楽に**ないぞ、このやろう。

「ま、死ぬにはいい日ですね。先のばしにして未練たらたらになるよりは、吹っ切れて飛び降りる方が楽でしょう。ねぇ...だれもいないんですけど」

どう頑張っても転落防止になりそうもないフェンスを上って反対側に出る。
見下ろせば遥か下にみえる地面。足を踏み出せば、簡単に僕を肉塊にしてくれるだろうに、
震える。寒さと...恐怖で

「ああ、ちくしょう。なんだってこんなところで怖じ気ついてんですか。もうなにも残すことは無いでしょう。無い、のに...どうしようもないですね、ほんと。生存本能って奴は」

独り言は、感情を整理してくれる。けれども、このどうしようもない「死にたくない」は、どう頑張っても整理してくれない。

イラつく。生にしがみつく自分に。そのせいで、後ろから近づく人影にも、気付かなかった


「...あ、えーと...だいじょぶ?」

  • No.5 by 物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 19:55:29 ID:ad3241738




「え。っあ、うわっ」

あ、落ちる。てか、落ちてる。後ろの人のせいで、踏み外したんだが!?

「あっおい!」

グイッと腕が引っ張られる。若干肩が死にそうなんだが。

「だいじょぶか?あがれる?」
「あー、えーと。無理ですね」
「そっか。じゃ、引き上げるから離すなよ」

よっこらせっと、なんて爺くさい台詞で僕を引き上げる彼。少しして、僕はフェンスの内側まで引き上げられた

「ありがとうございます...?」
「なんで疑問系なんだよww」

心底愉快そうな彼にイラつきながら考える。疑問系になったのは、死にたかったのに引き上げられたことと、彼の姿。白い髪と満月と同じ色の瞳。男の僕がいうのもなんだが、綺麗な顔で。目元の朱が妖艶な雰囲気を出していた。それと...耳と尻尾...耳と尻尾!?

「耳と尻尾!?」
「あは、そんな驚くなよー。まあ、気にしないでくれよな!」
「気にするけど!?」

にぱーと明るく笑う彼...なんか、さっきちょっと気まずそうに話しかけてただろうが。どこいったし。



「な、こんな夜中にひとりじゃ危ないよな。よし、オニイサンが部屋までついてってあげるぜ」
「いや、それストーカーですよね?」
「でも一人で帰ったら補導されるぞー?」
「あー、うー...」
「ほいじゃ、決まりな」

「俺、天狐リク。お前は?」
「雨宮...暁です」

  • No.6 by 物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 20:10:12 ID:ad3241738

雨宮 暁 (あまみや あかつき)
16歳 男性
至って普通の男子高校生。剣道部所属
黒髪。少し深いアメジストの瞳
170cmくらい。体格はほそめ

天狐リク (てんこ りく)
20歳前半くらい? 男性
不思議なひと。命の恩人
暁曰く、白い髪と満月と同じ色の瞳。男の僕がいうのもなんだが、綺麗な顔。目元の朱が妖艶。それと耳と尻尾。
暁より10cmくらい高い。体格はほそめ

(細かい容姿はご想像にお任せしますが、ご要望がありましたら、なんらかの画像でなんとかします)

  • No.7 by 物書キ見習イノ青葉子  2021-11-22 20:10:46 ID:ad3241738

(......一段落......)

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:その他のテーマ







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック