小説「四皇~伝説の4種族~」

小説「四皇~伝説の4種族~」

雄太  2018-03-04 12:53:00 
通報
前作を最終話までに仕上げようと思いましたが
白旗をあげる事態になりました。(とはいっても腕が追い付いていないだけで。)
それでは本編始まります。どうぞ。
(※注意事項:このチャット内では誹謗中傷等の行為をする方のみ受け付けておりません。誹謗中傷等の行為をした方が居た場合、有無を言わず別スレに転載して続けますので、ご了承ください。)(一話ずつのお話終了後の会話は可ですのでどうぞご観覧ください。)

コメントを投稿する

  • No.1 by 雄太  2018-03-04 20:23:46 

第一話「始まりは―――」(1/10)


1950年、各異世界同士による死者の絶えない戦争が起きていた。
その中の8つの異世界「天神界」、「魔神界」、「龍刻界」、「精霊界」、「機操界」、「人間界」、「獣王界」、「鳥王界」の異世界が存在していた。各異世界の代表は戦争を即座に終結し、それぞれ各異世界の「同盟契約」による「計画」が行われていた。
そして68年後の2018年――そこでは、新たなる脅威が迫っていた。

4月、第二月曜日の人間界某所交差点
???「~~~~で、だからこうなって・・・・・。」
一人の青年が数学の教科書を見て呟きながら歩く。
???「でさぁ~。いやいや、まじで!!!ダッハッハッハwwwww」
半身「機械」と「人間」の男が田派で話している。
騒ぎながらドガドガと、肩で風を切りながら歩いてくる。その瞬間―――。
ドンッ!とぶつかってお互いに転ぶ。
???「うおっっと、悪ィ!他所見て、あんた大丈夫か?」
???「ん。あぁ、大丈夫。」
機械人間の男は手を差し伸べながら、そうかそうかと言う。
ギルド「俺はギルド。アンタは?」
青年は立ちながら
バアル「・・・・バアル。よろしく。」
ギルド「バアルか!良い名前だな!よろしくな!バアル!」
ギルドは満面の笑みで手を出す。
バアル「あぁ、よろしく。」
バアルは相手の手を取って握る。

(1/10はここまで、次回は未定ですが、更新は必ずします。)

  • No.2 by 匿名さん  2018-03-05 10:47:36 

質問、タイトルにもあるように四皇の種族は何ですか?またそれらの頂点に君臨する者は誰か差し支えなければお答え下さい

  • No.3 by 雄太  2018-03-11 21:36:46 

コメ返し:四皇に出てくる種族は主にオリジナルで「天使」「悪魔」「人間」「機械(操)」「精霊」「龍刻」「獣(陸)」「鳥獣(空)」の種族達には存在し得ません。主人公の代(とは言っても別種族同士の結婚含めて一つの種族になります。)主に異世界で例えると↓
「天魔界(天使と悪魔達の共存世界。)」で主人公の「バアル」
「人機界(人間と機械達の共存世界。)」で四皇の一人「ギルド」
「龍霊界(龍と精霊たちの共存世界。)」で四皇の一人「???」
「獣鳥界(空と陸の獣達の共存世界)」で四皇の一人「???」
の四人です。(他の種族の共存世界も存在している設定ですが、それは別の機会で投稿します。)
(※本編ではキャラ紹介をしますが、今回は伏せさせていただきます。)
一応、ファンタジー&無限的世界設定です。
(他種族同士の結婚では、同盟以降での設定です。)
他のキャラも演出予定がありますんでお楽しみに。
おまけ:それぞれすべての種族の上に立つ種族及びにそのキャラは未定ですので別で(一応最終話辺りまでざっと考えてます。)

  • No.4 by 雄太  2018-03-17 19:17:34 

第一話「始まりは―――――――」(2/10)



始まりは誰もが思ってもいなかった出来事に遭遇する。
彼らもそんな唐突過ぎる出会いに遭遇してしまっていたのだった。

ギルド「・・・・・オイオイオイこりゃー流石にないぜっ!!!」
バアル「手強いな・・・・・・・・でもまだまだっ!」
遡る事5時間前―――。
ギルド「へぇ~。天魔界から越してきたのか」
ギルドは興味津々にバアルから聞く。
バアル「あぁ、今はもう滅んでいるけどな。」
1990年某月某日。その日は各異世界から謎の重力波により異世界の殆どが滅んだ。
各異世界のモンスター達は人間界に避難してきた。
ギルド「俺は人間界との交流があるから結構良いんだよなぁ~」
バアル「そうか・・・・・・・・」
そして二人は学校に着いた。
全異世界の種族達が集う超巨大型タワーの学園「エヴディラ」学園。
人間以外も当然入学している。タワー毎に通学する生徒も違う。
ギルド「そういえば確か、地下から生徒が変わるんだっけか」
バアル「あぁ、正しくは」
地下2階(食糧倉庫並び調理場及び避難用備品庫)1階(保育園及び幼稚園+各階専用エスカレーター)
地上1階(玄関ホール受付他別棟廊下出入り口他図書館及び飲食&売店コーナー他地下から屋上まで行けるエレベーター。)
2階~4階小学生専用教室(どの学校とも略同じ。)
5階~7階中学生専用教室(小学生専用教室と殆ど同じ。+自販機数か所)
8階~10階高校生専用教室(↑と同じ。+職場体験型システム室(と言う名の授業用の教室))
11階大学生専用教室(↑と同じ。+専科用教室。)
その他:地上1階ホール外(中庭)(別棟室+東京ドーム4つ分の広さのグランド(半分陸上用もう半分芝生の方のグランド))
その他諸々等「エヴディラ」学園に1無量大数ほどのお金をつぎ込んで作られた学校。
そのような学校でこれからしばらくの間通うと言う事である。

(2/10はここまで。次回は余裕があれば早めに出すかもしれません。が、更新は怠りません。)

  • No.5 by 雄太  2018-04-14 23:34:56 

第一は「始まりは――――――」(3/10)



投稿している二人は意気投合している。
ギルド「でさー、俺の親戚がさ、カラクリに妙にハマっちゃって」
バアル「ほぉー。木材で使うカラクリか。そういえば施設の方のテレビで俺も妙にハマったな」
バアルはそう言うとギルドはニヤニヤしながら
ギルド「そうか!んなら宿舎の方で時間があったらやってみようぜ!共同制作っつー事で!」
バアル「そうだな、そうするか」
二人が宿舎に着き、荷物整理していた時、宿舎内放送が始まる
スピーカー「どうも、新入生並びに転校生の皆様、わが校が用意した宿舎は如何でしょうか?
      皆様方が我が校に来るのを大変心待ちにしていました。ここではそれぞれの
      ”異形”とも言われる他種族他世界からお越しの生徒の入門を我々は――――」
と長々と話は続き――
スピーカ―「――と言う事で、宿舎の事については宿舎長や宿舎の管理人、その他の宿舎の関係者
      等の話は入学式後に宿舎に戻っていただき、説明いたします。それでは。」
と、放送が終わると同時に二人は宿舎を後にした。
二人が下駄箱に向かう途中――
ギルド「なーんか・・・・・・ギリギリ間に合ったな」
バアル「そうだな」
バアルが即答する。すると
???「誰か!誰か助けてください!!!!」
二人は声のする方に顔を向ける。そこには風紀委員の腕章を身に着けてた生徒が困り果てた顔で助けを求めている。
ギルド「ねぇねぇ、風紀委員さーん。どうしたんです?」
ギルドがそうにこやかに話しかける。すると
ズドォーンとデカい爆発音が響く。
その場にいた周りの生徒が驚き周りは騒めく。
三人「?!」
3人が驚き爆発した方へ振り向く。
2年生風紀委員「ヤバイ!!奴が出てきちゃった!!!」
傍にいた風紀委員が青ざめる。
ギルド「お、おい行ってみようぜ!」
バアル「ああ!!」
2年生風紀委員「あっ、ちょ!!」
3人が駆け付けた先にはとんでもなく恐ろしい生物が暴れだしていた。



(3/10はここまで。次回もお楽しみ。)

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:その他のテーマ







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー







管理人室


最近見たトピック

キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

スマートフォン/携帯で使う

QRコードブログパーツ
セイチャット

スマートフォン/携帯にURLをメール

check