私立夜烏学園 / 3L / 版権 ・ 創作  

  私立夜烏学園 / 3L / 版権 ・ 創作  

学園長  2020-07-27 03:34:38 
通報




吸血鬼と人間の共存を目指す全寮制の学校───私立夜烏学園。敷地は高い塀と豪壮な門で囲まれ、初等部から高等部までが揃う為各地から入学希望者が絶えない。但し一度入学すれば長期休暇、緊急の用事以外帰宅することは出来ず、また吸血鬼の存在を学園外に持ち出してはいけない決まりがある。




◇ 描写は15文字~無制限。苦手意識を持たれ易いものは要注意
◇ セイチャット規約、マナー厳守
◇ 吸血鬼は名前の後ろに◆、人間は名前の後ろに◇必須
◇ 恋愛に関しては3L自由。但し度の過ぎる行為は厳禁
◇ 最低限の也茶形式を理解している方推奨 ( 用語等 )
◇ 再三の注意を引き受けて貰えない場合は退学,解雇処分
◇ 版権創作問わず参加は可能。pf必須







コメントを投稿する

  • No.17 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-27 20:04:20 





>14 月島くん


───え…、嗚呼…。そっか、もう皆帰寮してる時間だから…。

( 特に異常は無し、なんて辺りをきょろりと見渡したところで声を掛けられ、驚いた様に声を漏らし。独り言を呟く様にぽつ、と言葉を零したところで1人納得すれば、「 驚かせてごめんなさい、見回りをしてて…。 」と苦笑い気味に謝意を述べて。 )


(/承知致しました!では纏めさせて頂く際は高等部1年生の所に記載させて頂きますね…!絡んで頂き有難う御座います、では改めて宜しくお願い致します…!/蹴り推奨)



>15 錐生先輩


…って言われましても…


( 突き付けられる拳銃に喫驚の色を滲ませ、丸々と目を見開くも直ぐ様平静を装い困った様に眉尻を下げ。学園長が言っていた"錠剤も紙パックの血液も受け付けない吸血鬼がいる"と聞いていたが、彼だったのか───。「 …でも、暫く飲んでませんよね。少しでも口にしていればそうはならない筈です。───いつから、口にしてないんですか…? 」そう言いながらケースをポケットに仕舞い込み、そっと手を差し伸べながら出来るだけ刺激しない様に穏やかな声音で問い掛けて。 )


(/良かったです…!全然大丈夫ですよ、寧ろ此方キャラは根がお節介焼きでして、お気に障る様でしたら申し訳なく…。そうですね…、今のところ特別会話を交わした訳ではなく、けれど同じ学校且つ此方が夜出歩くことも多いので割と顔を合わせている感じかな、と思っておりました…!)


  • No.18 by 月島 蛍◇  2020-07-27 20:15:24 




>16 翔さん

お…本当に買うんだ…。
( 外を暫く見詰めていると血液を買う吸血鬼を見つけ思わず声を出して上記を述べて。相手も此方に気づいている様でそのまま見つめ続けるのも…と思い御辞儀をして悪意はないですと書いてある様な笑みを見せて。 )

( / 絡んでいただき感謝致します。此方こそ宜しく御願い致します )

>17 夜烏さん

謝らないで下さいよ、僕も僚に帰ってないし…
( 僚に帰っていないのは御互い様だと伝えて微笑んで。おそらく相手は吸血鬼ではないだろうと思い「吸血鬼って怖いと思いますか?」と会話を途切れさせない様に尋ねて )


  • No.19 by 錐生 零  2020-07-27 20:50:48 


>>16 来栖

……っ…!

( 目の前に来て顔を覗き込んでくる男子生徒から純血の吸血鬼特有の香りがして自分の中の血が更に騒ぎ出す。ほぼ衝動的に相手に飛びかかると口を大きく開き尖った鋭利な牙を露にさせ首筋へと突き立てようとするも牙が肌に食い込む寸前でピタリと止まる。…嫌だ…誰も傷つけたくない…血を飲むなんて…嫌だ…。膨れ上がった吸血衝動の欲求を抑える術など自分に対ヴァンパイア用の武器で攻撃したりくらい。それでもなけなしの理性で無理矢理抑えつけ無意味だが自分の腕に噛みついて ) 



>>17 夜鳥


………記憶が曖昧で…わからない…。

( 相手の穏やかな声を聞いていると不思議と僅かにだが吸血衝動が和らいでいっているような気がして。問われたことに少しの間の後、答えては吸血鬼の自分に警戒心なく差し出される手をジトリと見つめてそれに触れようとはせず「…お前は…吸血鬼相手に警戒心はないのか…無闇やたらと手を出すな…」こんなにも無防備に吸血鬼相手に手を差し出すなんて…考え無しなのか、必ず吸血鬼をどうこう出来るとの自信があるのか…理由は分からないながらも相手の持つ独特の雰囲気に戸惑いも感じていて )


(/そう言って貰えて嬉しいです。ありがとうございます。気に障るようなことはありません。寧ろ世話焼きタイプの方が零には有り難いです。自分から絡みにいくとか積極性ある子ではないので…なるほどお互いに言葉は交わさないか顔見知りといった関係なのですね。把握致しました。此方としましてもそちらの方が良いです。)



  • No.20 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-27 21:43:39 





>16 来栖くん


ん…、そう。夜烏 柚貴です。───こんな時間に…、って今から授業だもんね。

( 学年は同じとはいえ種族も異なる為、まさか名前を覚えられているとは思わず嬉しそうにこくん、と頷いて改めて自己紹介を。何か用でも…、と考えを巡らせた所で相手が吸血鬼であること、そしてその彼等は今から授業が始まることを思い出し嗚呼、と相槌を打って。帽子を目深に被っている為表情を窺い知ることは出来ないものの、態々指摘するのも野暮と言うものだろう。何か意図あってのことかもしれないし──。彼からの問に対し「 心配してくれるの…?でも、これもあるし…。───後は…、まぁ何とかなるかなって。 」なんて零しながら腰に携えた警棒を摩って。 )


(/良かったです…!此方こそ宜しくお願い致しますね…!/蹴り推奨)



>18 月島くん


…本当は早く帰らなきゃだめ、って言う立場なんだけどね。


( 毎日特定の時間に校内放送で帰寮を促している立場としては咎めた方が良いのだろう、でも少しくらい話し込んでも罰は当たらないよね───。そんなことを考えていた所為か、予期していなかった問にぱちりと瞬きをして。「 うーん…、怖くないと言ったら嘘になる…かな。良い吸血鬼ばかりじゃないし。でも此処で関わってみて、怖い人たちばかりじゃないって分かったから…今はそんなに。 」今までの経験をひとつひとつ脳裏に思い浮かべながら、ほんのり照れ臭そうに笑ってそう零し。 )



>19 錐生先輩


( 端から手を取られるとは思ってなかった為何事もなかった様にそっと手を引っ込めては、訝しげに問われる言葉にゆるりと首を傾げ。無論、まるきり警戒心を持たない訳ではない。危害を加えられればそれなりに距離は取るものの、別に相手から何をされた訳でもないのに一々怯えるのはおかしいだろう。「 困っている人が居れば、手を差し伸べる…って決めてて。…相手が人間だろうが吸血鬼だろうが、関係ありません。 」自己満足と言われたことも一度や二度ではない。しかし、だからと言って見捨てるのは性に合わなくて───。まるで医師が行う問診の様に、柔らかな口調は崩さず疑問を投げかけて。 )


────それにしても困りましたね…、人や吸血鬼の血液…、加工を施していない血液も駄目なんでしょうか。



(/分かりました…!ではその都度場面に応じて押したり引いたり、お節介を焼かせて頂きますね…!)



  • No.21 by 来栖翔 ◆  2020-07-27 22:13:31 



>18 / 月島


( 会釈する彼の姿を捉えては、不思議そうにその丸い青空の瞳を瞬きさせた。自販機で購入していた姿を見ていた限り、彼は人間なのかもなあなんてぼんやり思っていれば、思いついたことが一つ。普段人間とは生活リズムの違いから中々会話を交わす機会がなく、人間の友人なんて一切持っていなかった。が、今ならチャンスじゃね?と。思いだったが吉日、彼がいる階を確認すれば校舎へと近寄り、吸血鬼故の身体能力の良さを利用して器用に壁登り。教師に見つかれば大目玉案件だが、まあ大丈夫だろうと楽観的思考。ひょいひょいと瞬く間に上り終えれば、彼のいる窓の縁に乗れば、「あ、け、て」と窓のカギを開けるようにジェスチャーを )



>19 / 錐生先輩


っ、…―――!!!

( 顔を覗き込んだ瞬間に飛び掛かってくる姿に驚きで避ける暇もない。状況を確認することも出来ず首筋に顔を近づけてきた彼に噛まれる!と察しては襲い来る痛みに耐える準備をするも、何時まで経ってもそれは来ない。肌に牙が突き刺さる直前で止まった彼の表情を近くで伺えば、その顔は苦悶で満ちていた。思っていたよりも酷い衝動に目を見開いた瞬間、突然自分の腕を噛みだした姿に思わず顔を歪める。きっとその中で湧き上がる吸血衝動は酷い、それこそ襲い掛かる程に。しかしそれでも傷つけたくないと我慢する健気な姿に、一つの決心を。袖を捲り上げて露わにさせた己の腕に、牙を突き立てる。思っていた以上に痛むソレに悶えながらも強く噛めば次第に腕に滴り始める血液。口を離し、血液が流れる腕を彼の目の前にかざして、)

飲めよ。……多分、滅茶苦茶嫌なんだろうけど、でも飲まなきゃずっとそのままだ。その衝動は死ぬ以上に辛いで苦しいじゃんか。――…頼む、飲んで。




>20 / 夜烏


そっか!俺は来栖翔、改めて宜しくな!

( 出会い頭に自分の名前を告げたところからきっと彼女は自分の事を知っているのだろうけど、殆ど初対面なのだから自己紹介は大事!と名乗り上げては口角を上げて笑った。正直深く被った帽子のせいで彼女の表情が上手く伺えないのは痛いけど、結局今夜だけだしと我慢することに。彼女が指し示すコレをひょいと覗き込めば、警棒を目に捕らえては目を丸くさせた。「へぇ、すげえ!警棒だ。こんなん持ち歩いてんなら確かに安心かも。…いやでも、危険なのは変わんねぇし、ちゃんと気を付けて―――…うぉ、!」少し、油断していた。警棒を見るために屈んでいた体制から背筋を伸ばす瞬間、帽子を押さえるのを忘れていた為に頭から帽子がころんと床に落ちる。しまった、と思った。顔を見られる前にと、慌てて帽子を拾い上げようとして、)


  

  • No.22 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-27 23:05:34 





>21 来栖くん


…此方こそ宜しくね、来栖くん。


( 彼はきっと人好きのする人柄なのだろう、滲み出るその明るさに釣られる様に、こちらも屈託のない笑顔を浮かべ。驚きに声色を変え、まじまじと警棒を見詰める様子がなんだかおかしくもあり、あまり吸血鬼らしからぬ反応に思わずくすり、と。「 そんなに珍しいかな、これ…。 」まあ校内にこれを持ち込む時点で普通じゃないけど───、などと思いながらも警棒がよく見える様にと体勢を正したところ丁度相手も身動ぎをしたらしく、重力に従い落ちる帽子に慌ててその場に屈み込み。彼よりも先、帽子を手に取り差し出した瞬間、目の前に広がる"赤"にひゅ、と息を飲み込んで。 )

────ッ…、!





  • No.23 by 来栖翔 ◆  2020-07-27 23:42:51 



>22 / 夜烏


あ、…っ、―――。


( 嗚呼さんきゅ、と自分よりも先に帽子を拾い上げた手からそれを受取ろうとした。早く、早く隠さなければとそればかりが頭を占めていたせいか、気が回らなかったのだろう。かちり、と視線が絡み合う。返事をしようとして開いた口から零れたのは意味をなさない単語のみ。嫌にスローモーションに見える景色の中で目の前の彼女の瞳が見開き、まるで息を吸い込んだような微かな声が耳に届いた瞬間、弾けた様に手のひらから帽子を奪い取る。やや乱暴な手つきで帽子を深く被り直しては鍔を握りしめる。見られた、見られてしまった。折角、人間の友達が出来ると思っていたのに――。絶望で目の前が真っ暗になりながらも、その場で正気を失う事だけは無いように、にへらとぎこちない笑みを浮かべては一歩ずつ後退し彼女と距離を取り、)

わ、りぃ…気持ち悪いもん見せちゃった、よな。――――……ごめん。…っ、俺もう良くな。それじゃあ!

  

  • No.24 by 錐生 零  2020-07-28 06:23:46 



>>20 夜鳥

……お節介な奴だな…人間には良いのかもしれないが…吸血鬼相手に深入りするな…最悪の場合、命を落とすぞ…。

( 相手の言葉にズキリと頭が痛くなる。もう一人…似たようなことを言っていたやつが…。しかしそれも一瞬のこと。結局思い出せずに掻き消えて目の前の女子生徒が視界に移り。吸血鬼を目の前にしても恐れもせずに平然としている相手に忠告のような警告のようなものを口にして。柔らかな声は妙な安心感のようなものを連れてくる。加工されていない血なら…自分の体は受け付ける。それを相手に伝えるべきか…伝えたことでまた自分だけでなく他の吸血鬼に深入りするような気もして。しかし仮にまたこのような時に相手と遭遇してしまったなら…同じことの繰り返し。情報開示くらいはしておくべきかと考えて「………加工されていないものなら問題はない」実は自分のために学習側が特別に加工されていない血を提供してくれているのだがその受け取りの日を自分は先延ばしにしている。本当は血を飲まなくても大丈夫なのではないか…心のどこかにまだその気持ちは消えない。その度にこうしてぶっ倒れているのに学習しない。…しかしそれは自分の心の保つため。いずれは受け入れなければいけないのだろう。でもまだ今は……。少しずつ、少しずつだが自分の吸血衝動が落ち着いてくるのを確かに感じていて )

(/ありがとうございます。すみませんがそのような感じでお願い致します。)


>>21 来栖

……ッ……!

( 何とか抑え込んでいる吸血衝動。しかしそんな自分を見て相手が取った行動に今度は此方が目を見開く番。彼は真似するように自らの腕を噛んだ──ダメだ…ダメだ…っ!その瞬間にふわりと漂った…甘い…甘い血の匂いにくらりとしながら更に自分の腕に牙を食い込ませる。ポタリ、ポタリ…どちらの血も地面に落ちて赤い花を咲かせる。飲んでとかざされた手に一層悲痛な表情をして首を横に振る。腕から口を離し、衝動的にまた襲い掛かりそうな自分をぎゅうっと強く抱き締めながら目の前の男子生徒の想いも決心も無下にも出来ない自分もいて。勝手にやったことだと思えたのなら…どれだけ……。一度大きく深呼吸しては震える手で相手の手に触れる。壊さないように傷つけてしまわぬように…血の滲む箇所に顔を近づける。……ああ…良い匂いだ……美味そうな匂い……そう直感で思ってしまった自分が嫌で堪らずに何だか泣きたくなって。牙を立てないように流れる血を舌を這わせて舐め取っていき )





  • No.25 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-28 12:01:55 






>23 来栖くん


─────待って…!


( ぱしり、と手元から攫われる帽子。目元を覆い隠す様にと目深に被ったそれは互いに動揺していたからか、乱暴に扱ったからか、ほんの僅かに形が崩れている様にも見える。考えるより先、彼の言葉を聞くなり弾かれた様に顔を上げ、咄嗟に一歩踏み出し制服の裾をきゅ、と掴み。あまりにも綺麗だからと言葉を失ってしまったものの、相手にはそれが拒絶だと伝わってしまったらしい。おろ、と視線を泳がせながらもハッキリと、しかし何処か戸惑う様な弱々しい声音でぽつり、ぽつりと言葉を紡いで。───友達、なんて呼んでしまったけれど嫌じゃなかった、かな…なんて。心のどこかでそう思いながら、口元を引き結び。 )


…ごめん…、そうじゃなくて…。────綺麗、って思ったら声が出なくなっちゃって…。友達のこと気持ち悪い、なんて思わないよ。



>24 錐生先輩


それは………、気を付けます。


( 段々と本来の色を取り戻す浅紫色の瞳に愁眉を開き、身に覚えがあるのかほんのり苦笑いを浮かべて。無論、それは理解している。中等部に入ったばかりの頃に犯した過ちの代償は未だ深く残っていて、行き過ぎた優しさは身を滅ぼすのだと父に教えられて以来、気を付けるようにはなったけれど。
それは兎も角、少なからず血を口にすることは出来るのだろう、彼の返答を聞きその事実に安堵の色を滲ませて。どうやら学園側が用意している特殊な血液とやらは彼のものだったらしい。…とは言え一時的に落ち着いているとは言っても、確実に衝動の感覚は短くなっている筈。また衝動が起きた時にこうして直ぐに落ち着くとも限らない。冷静さを取り戻し始めているところに申し訳ないとは思いつつ、見逃すことは出来ないと真剣な表情で問い掛けて。 )


…こんなことを言うのも酷だって分かっているんです。でも…、───此処で血を飲むか、ギリギリ…人を襲うまで我慢するか。選んでください、先輩。



(/承知致しました…!では一度引っ込ませて頂きますので、何かありましたらお声がけください…!/蹴り推奨)




  • No.26 by 来栖翔 ◆  2020-07-28 13:35:31 



>24 / 錐生先輩


( 差し出した腕にまるで壊れ物を扱うかのような繊細な手つきで触れ、そして少しずつ己の血を飲み始めた彼を視界に捕らえれば安堵するかのようにいつの間にか詰めていた息を吐きだした。そして、この行動に至るまでに葛藤した彼の心の内に、苦く口元を歪めた。自分自身も他の誰かから血を吸う事を苦手としている、だからこうして誰かから血を受け取ることがどんな苦しい事か理解しているつもりだ。なのにその選択をさせてしまった事に関して申し訳なさを感じていた。しかし、自分の行動を後悔するつもりは微塵もない。それこそ彼の決心を罵倒することになるだろうから。)

――…、どうだ?ちょっとは楽になったとは思うんだけど。



>25 / 夜烏


( 逃げ出そうとした寸前、弱い力で握られた裾により足を止めざるを得なかった。しかし所詮は人間の女の子の力、その気になれば振りほどくこと等容易い筈なのに何故か彼女の表情を見てからはその気が一切起きない。此方に向けてくる表情は、恐れ――というよりも、困惑と申し訳なさを詰め込んだようなものだったから。そして彼女の口から紡がれたのは予想と大きく上回る、"綺麗"という単語だった。ルビーレッドの瞳を大きく見開き、はくはくと開閉する口から零れるのは吐息だけ。綺麗、だって?そんな。自分自身さえ忌み嫌うこの瞳を目の前の少女は綺麗だというのか。心底信じられないという表情を向けながら、必死に声を絞り出してぽつりと、)

き、れい……?――――っ、だってそんな。まるで血見たいな色じゃんか。こんなの気味が悪いとしか良いよがねえのに……。

  
 

  • No.27 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-28 23:29:34 







>26 来栖くん


綺麗だよ、とっても。…来栖くんにとってはあまり気分の良いものじゃないかもしれないけど…、少なくとも私はそうは思わないし。


( てっきり振り払われると思っていた拘束はそのままで、静まり返った廊下に相手の自嘲的な台詞が響く。今にも消え入ってしまいそうな声音で言葉を紡ぐその姿をジッと見据え、やんわりと柔和な笑みを浮かべるとゆっくり、左右に首を振って。生憎、気の利いた言葉なんて分からないけれど、彼の憂いを僅かでも軽く出来るのであれば───。そんな思いを胸に、静かに、至極穏やかな口調で自分なりの言葉を並べていく。制服を掴んでいた指先をするりと解き、あれもこれも、と指折り数えながらそっと眉尻を下げて微笑んで。 )


…何も、赤いのは血液だけじゃないよ。夕陽だってトマトだって、ルビーだって真っ赤なのに。…紅玉みたいでとっても綺麗だと思うけどな…、私は。────それに…目が赤くても青くても、来栖くんは私の友達には変わりないもの。




  • No.28 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-29 03:33:28 



《 学園に関すること 》


>1 profile
>2 学園について / 吸血鬼の概念


 ◆ 吸血鬼


[高等部1年]

>6 来栖翔


[高等部2年]

>9 錐生零




 ◇ 人間


[高等部1年]

>3 夜烏柚貴
>8 月島蛍




(/敬称は省略させて頂いております…!説明及び名簿の方纏めさせて頂きました。もし間違い等ありましたら遠慮なくお声掛けください…!)



  • No.29 by 質問  2020-07-29 20:47:25 


(こんばんわ。版権女子で参加いいですか?)

  • No.30 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-29 22:34:15 





>29 質問 様


(/お声掛け有難う御座います!勿論です´`*素敵なプロフィールお待ちしております…!)



  • No.31 by 来栖翔 ◆  2020-07-30 19:09:26 




>27 / 夜烏


――――…俺と、友達になってくれんのか……?

( ぽんぽんと口から零れ落ちていく自虐の言葉を彼女は一つずつ丁寧に拾い上げていく、柔らかく心を落ち着けるような声で。そして"友達"と最後に落とした彼女の声に、目を見開く。こんな自分でも、この女の子は友達だと認めてくれるのか。信じられない気持ちを体現したかのように震えた声でぽつりと呟いた。じわりと胸のどこかが暖かくなるのがわかる。同族でさえ、自分でさえ気味が悪いと思う瞳を、すんなりと受け入れて、更には友達だと言う。――そんあお人好しが過ぎる彼女の言葉を、何となく信じて見たくなった。瞳を隠すように下げていた帽子の鍔を上げて、帽子の陰からルビーレッドを覗かせる。相貌を細めて、ゆるく口元に弧を描きながら、)

……変な奴。そんなこと言ってくれんの、家族以外で初めて会った。

  

  • No.32 by 夜烏 柚貴◇  2020-07-31 10:02:55 





>31 来栖くん


────…私は、とっくに友達だと思っていたけど…?


( "信じられない"、と言わんばかりに見開かれたルビーレッドの双眸を見据えれば自然と笑みが零れ、堪えきれずについ、くすくすと可笑しそうに笑って。一見冗談の様に、茶目っ気混じりの言葉と共にゆるり、首を傾げて見せる。こんなにも優しい人なのに、気味が悪いだとか、恐ろしいだとか、相手の何を知ってそう疎むのか自分には到底理解出来ない──、そんな思いでぎゅ、と強く拳を握り締めれば、その力の強さにほんのりと指先が白んだ。
掌に食い込む爪の痛みを享受したところ、前方で変、なんて零す相手に虚を衝かれ、瑠璃色をぱちり。思ってもみない言葉に思わず力が緩む。先程の表情とは一変、嬉しそうに二つの紅玉がゆるりと細められるのを見遣り、───嗚呼、やっぱり綺麗じゃない。そう嬉しそうに、それでいて幼子が不貞腐れる様に、時に憂いを交えながら、表情をころころと変えて。 )


…ふふっ…ソレ、私にとっては褒め言葉。───って言うか…来栖くんの魅力に気付かないなんてね…、勿体ないなぁ。私は欠点だとは思わないけれど、誰だってコンプレックスの一つや二つ、持ってるのに…ただ一つを許容出来ないから、ってその"ひととなり"まで辱めるのはおかしいもの。────…ね、これから月光浴に行かない?まだ授業まで時間もあるし。




  • No.33 by 夜烏 柚貴◇  2020-08-07 15:14:21 







(/募集上げさせて頂きますね!)





  • No.34 by 夜烏 柚貴◇  2020-08-16 13:36:33 







(/性別問わず、教師生徒問わず募集しております!)






  • No.35 by 夜烏 柚貴◇  2020-09-18 09:32:59 






(/久々に募集上げです…!)




  • No.36 by 夜烏 柚貴◇  2020-10-16 12:01:41 







(/他サイトにて設定を活用することに致しましたので、此方は閉鎖させて頂くことに致しました。参加してくださった皆様、本当に有難う御座いました。〆)




ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:版権(元ネタあり)なりきりチャット







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック