邪と嘉の龍【オリジナル小説】

邪と嘉の龍【オリジナル小説】

踊る案内看板  2019-06-02 16:42:18 
通報
超駄文です。説明等がなってない部分も多く見受けられるとは思います。その他諸々悪い部分ばかりです。それでも構わないと言う方のみご覧ください。

コメントを投稿する

  • No.1 by 踊る案内看板  2019-06-02 17:27:12 ID:02c0ae1d9

大昔の話、この世界には対立する九対の龍がいた。片方は「邪」の龍達。もう片方は「嘉」の龍達。
それぞれは互いを敵とし、争い合ってきた。しかし、両者の力は互角。決着の着かぬまま流れた月日はあまりに長く、龍達はみるみる疲弊して行った。
そんな時、ある龍が口を開く。
「我等の力は最早無いに等しい。ならば別の物…人族に各々の力を分け与え、決着を付けようではないか」
それに反対し、自らが戦い続ける道を選ぶ事の出来る龍はおらず。龍達はそれぞれ自らの力を授けるに相応しい人族を見つけ、決着の場へと送り込んだ。
結果は「嘉」の龍達の勝利、敗者である「邪」の龍は皆封印され、「嘉」の龍も長い眠りについた。

月日は流れ、龍の力を持つ人族の子孫は、再び目覚めた龍達と共に、激しい争いに身を投じる事となる。

  • No.2 by 踊る案内看板  2019-06-02 22:42:35 ID:02c0ae1d9

第一章 ;歪なる邪龍;
「ここか…魔界の入り口ってのは」
小高い山の麓の岩の裂け目。その前に立つ青年が一人。顔立ちからして二十代前半と言ったところだろうか。大人ながらもどこか子供っぽさが残る顔で、髪は紫。癖のないそれは首の半ば辺りまで伸ばされ、前髪は少し目にかかっている。そして切れ目の蒼い目は、眼前の岩の裂け目の奥に見える黒い穴に向けられている。まるでこの世の物では無いかのような雰囲気を醸し出すその穴は、今いるこの世界とは異なる世界へと向かう為のワープホールとも言うべきものだ。

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:その他のテーマ







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

console.log("通った"); トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック