【オリジナル小説】うちの魔王がゆるすぎる!

【オリジナル小説】うちの魔王がゆるすぎる!

ロズ  2019-05-24 00:34:54 
通報
暇だし、読んでやってもいいか。
くらいの気持ちで読んでいただければ幸いです(*- -)(*_ _)ペコリ

コメントを投稿する

  • No.1 by ロズ  2019-05-24 00:43:01 

【注意】

完結するかわかりません。
するように努力しますし、プロットはできあがっているのですが、更新も遅くなると思います。

残酷表現、流血表現などがでてくる予定です。苦手な方はお気をつけください。

感想、批評、アドバイスなどは大歓迎です。泣いて喜びます。返信などは遅くなると思いますが……。(そもそも見てくれてるのかな……)






ジャンルは異世界ファンタジーです。
では、もし読んでくださる親切な方がいらっしゃったら……のんびり、よろしくお願いします。

  • No.2 by ロズ  2019-05-24 00:44:01 

「**」

 その一言だけだった。
 威圧も感じられない、一言。
 何が起きたのかわからない。
 わかるほど強くなかった。

 わかったのはーーさっきまでそこにいたドラゴンが。
 伝説級とうたわれたドラゴンが、そこで死んでいることだ。
 自分の父親の一言によって。

「ヴヴィアンヌ」

「わかりましたよ坊っちゃん。ちゃんと片付けます」

 少し気だるげにうちのメイド長がやってきた。
 銀色の髪をひとまとめにし、血のような赤い瞳をとろりとさせながら。
 片付ける、と言っておきながらその手に握られているのはほうきや雑巾ではない。

 鈍く光る斧だ。

 硬いドラゴンの鱗を貫通し、容易くドラゴンをぶつ切りにしていく。

「あぁ美味しそう。今ここで食べたいですけど、そんなことしたらレディとしての品格が疑われますからね」

 どう見ても二十歳より上には見えないような絶世の美女メイド長は、四十代そこそこの玉座に座った俺の父親を坊っちゃんと呼びながら、ドラゴンを片付けていく。

「あとで美味しくいただきます」

 楽しそうにはにかんだ口もとから、異様に長い犬歯がのぞいた。

 バクバクする心臓を押さえる。
 ダメだ。
 違いすぎる。
 ひきつって息をすることを忘れたらしい俺の肺がひゅんと鳴った。
 幸いなことに、俺の肺は人間よりも丈夫だから、一週間くらいは息をしなくても大丈夫だがーー。

「いるんだろ、レイモン」

 自分の名前を呼ばれて飛び上がる。
 おそるおそる物陰からでてくると、俺の父親はニコニコと笑っていた。
 ついさっき、ドラゴンを殺したというのに、ニコニコと笑っていた。

「あ、の……」

「どこに行ってたのか知らないが、心配するなレイモン。お前は俺の子だ。大きくなればお前も俺みたいになる」

 俺みたいな、魔王にーー。

 魔王。
 魔物を統べる、絶対的な王。




『わたしはジャンヌよ。よろしくね』



 とてもじゃないけど、間違って人間の住みかまで行ったとは言えない感じだった。
 ましてや。

 人間の友達ができたなんて。

  • No.3 by ロズ  2019-05-24 20:53:06 

第一話



「起きろジャンヌ」

 突如叩き起こされて、まだぼーっとしている頭を振った。目の前には桃色の髪とアメジストみたいに綺麗な紫色の瞳。
 ゆっくりと、朝のきりっとした空気を吸って自分はするべき行動を悟った。

 ドンッ!

「ぐはっ!」

「何すんだよどアホ!」

 それはこっちのセリフだ。わたしは、朝っぱらから乙女の部屋に侵入した不届き者を見下ろす。殴られた頬をおさえて、悔しそうに睨んでくる。

「グレン、そっちがその気ならわたしだって受けて立ってやるわよ」

 もっとも、四歳も年下の女の子に殴りかかったらグレンが死ぬだけだ。ーーあ、間違えた。死ぬよりもつらい目に合う。

 具体的には、ユーリやエヴァの正義の鉄槌がくだる。

「ユーリにいたずらしに行こうぜって誘おうと思ってただけだよっ」

 慌てたように弁解するグレン。
 まぁ、わたしだって弱いものいじめはしたくない。

「まーね。あんた一人じゃユーリに勝てないもんね」

「くっそ、なんでこいつはもうちょっと年上を敬おうっていう気持ちをもてないかなぁ」

 敬うわよ。
 敬う価値のある年上はね。
 でも、ユーリにいたずらを仕掛けるのは面白そうだ。ここで一番の優等生のユーリをライバル視しているグレンだが、その力量は一目瞭然。わたしが加わればその戦いも少しは見ごたえがあるものになるかもしれない。

 わたしは、殺風景な部屋を一瞥し、ベッドからジャンプしてグレンの隣に華麗に着地する。

「わたしじゃないと駄目だもんね」

 ここには、もっとたくさんの人がいる。子どもたちがいる。わたしよりも賢い子や強い子だっていっぱいいる。それでもわたしを選んだってことは、わたしじゃないと駄目ってことだ。

「いや、別に誰でもよかったんだけどさ、お前とオレだけだろ、ユーリのこと崇拝しまくってないの」

「……協力しないわ」

「ジャンヌじゃないと駄目ですっ!」

 ふっふふ。
 しょーがないわね。

 女子からの人気ナンバーワン。男子からの尊敬も一身に集める完璧エリート、ユーリ。
 ユーリと同い年なのに負けちゃって可哀相だしね。いじめるのはそのくらいにしといてあげよっと。

「具体的には、何をするの?」

「落とし穴をほってユーリをはめてやるんだよ」

 なるほど。

「よし、じゃあスコップを用意するわね。やるなら徹底的にやりましょ!」

 わたしとグレンは目を見合わせて、くっくくと笑った。ユーリがわたしたちに助けを求める顔が目に浮かぶわ!

  • No.4 by 厨病中学生ロズ  2019-05-25 16:25:35 

第二話


 鈍く光るスコップは、思いの外容易に地面にささった。からりと晴れた晴天。いたずらを企むのにはもってこいの天気だ。

「ふーっ、このくらいか」

 グレンとわたしは、痛む体をさすりながら、空を仰いだ。
 ユーリは一筋縄ではないかないーー否、一つの穴ではひっかからない。だからわたしたちは、囮の穴と本命の巨大な穴を掘った。ユーリが囮の穴を避けたとき、ちょうどそこに本命の穴があるという寸法だ。ようやく完成した自信作の巨大な穴を満足げに見ながら、わたしは穴から出ようとしてはたと嫌なことに気づいてしまった。

「……ねぇグレン、あんたこれ登れる?」

 深く掘りすぎた。
 よく考えてみればわかることだった。
 グレンよりも背の高いユーリが簡単に登れないレベルの穴を掘れば、わたしたちだって出ることができないのだった。そのことに気づいたらしいグレンは顔を青くしている。この快晴よりも真っ青だーーと茶化せないのは、わたしも負けず劣らず顔面蒼白になっていることがわかっているからである。

「「た、助けて~っ!」」

 全力のSOSが届いたのか、すぐに人影が現れた。
 ……しかし。
 まぁなんと間の悪いことにーーユーリからしてみれば逆だろうがーー現れたのは、ユーリだった。

「二人とも、どうしたの」

 いつもの優しい微笑、ユーリ大好き女子曰く王子さまスマイルで登場したユーリは、す、と手を伸ばしてきた。悔しいけど、背に腹は変えられない。
 わたしはその手をとって落とし穴からなんとか脱出した。

「グレンはもうちょっとそこにいたい?」

「……んなわけあるかよっ」

「うん?ごめんね、聞こえなかった」

「……出るよ、出る!」

「あは、聞こえないんだけど」

「……出させてください」

「ごめんね、耳の調子がよくなくって」

「出させてくださいお願いしますぅ!」

 ようやく伸ばされた手につかまって、這い出るグレン。
 あ、悪魔じゃ……悪魔の笑顔が見えたよっ!?
 あれのどこが王子さまスマイルなのだろう。わたしは、精も根も尽き果てたのか、脱け殻のようになってしまったグレンに目をやってため息をついた。

「ジャンヌ」

 わたしは、悪魔の笑みがこっちに向くのを覚悟して身構えた。

「もう、あまり危ないことはしないで。みんなのところにいないから心配したよ。僕のために落とし穴掘るなら、危ないから僕の目の前でしてね」

 ……いや、それ落とし穴の意味ないから。

 でも、いつも思うけどユーリはちょっとだけわたしに甘いというか、過保護だよね。自意識過剰と言えばそれまでだけど。まぁ、グレンの扱いが他と比べ物にならないくらい雑なのは知ってるけど。
 いいコンビだと思うし、ユーリもそれだけグレンには心を開いてるんじゃないかな。

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:その他のテーマ







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

console.log("通った"); トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック