【暗殺教室/BL】カルマ小説置き場

【暗殺教室/BL】カルマ小説置き場

桃亜  2015-04-30 21:55:36 
通報



此処は暗殺教室のカルマ受けBL小説を書いていくスレです(。・ω・。)


カルマ受けならどんなCPでも大歓迎なので、皆さんの書いた小説楽しみに待ってます!(*´∀`)


後々、私も小説を書いていくと思うので感想やリクを貰えると嬉しいです!


裏有りも可ですが、チャットマナーを守り他の方には迷惑がかからないようにしましょう。


荒らしやなりすまし、中傷コメはお断りです!

コメントを投稿する

  • No.242 by カルラブ  2017-07-03 05:56:03 

どうも!!!
テスト期間で禁止されてましたあああごめんなさいいいいいいい!!

  • No.243 by カルラブ  2017-07-03 05:58:48 

ただいまかえりました!((何回目だお前←
あぁ…カルマ君可愛いよぉ…(*´ω`*)

  • No.244 by 前カルlove  2017-07-04 16:56:25 

お帰りでーす!
だよねぇ……。可愛いしかないよねぇ…

  • No.245 by 前カルlove  2017-07-26 16:06:19 

久しぶりの学カル投下!


「……そろそろ機嫌を直せ、赤羽」
「………」

またシカトか。先程からずっとこの状態だ。
僕が はぁ、と短く溜め息を吐くと、赤羽はピクリと肩を小さく揺らした。

呆れられている、と分かっているなら、こんなことを続けるんじゃない。

そう言いたいが、それでもまたしかめっ面をして無視を決めこんだ赤羽に、僕は言わない代わりに二度目の溜め息を吐いた。

何故こんなことになったのか。

それは数時間前に遡る___


そのとき、僕はいつも通り、自分の部屋で勉強をしていた。

ずっと勉強をしていたので流石に疲れて、一息をつこうとしたときだ。
赤羽が僕の家を訪ねてきたのは。

こういうことは珍しいので、僕は喜んで赤羽を家に上げた。

ところがだな、赤羽は何故か腹を立てたらしい。

僕がしばらくして声を掛けると、返事が無かった。

寝てしまったのかと様子を見れば、目は開いている。
目を開けたまま寝るのは流石に赤羽もしないと思うが、一応と赤羽の肩を小さく叩いてみれば、ふい、と赤羽は僕から顔を背けた。

そこでようやく赤羽が不機嫌だと言うことが分かり、だからこうして呼び掛けている訳だが___。


「…赤羽。いい加減に機嫌を直せ」

「……」

無視をされている状態だ。

  • No.246 by 前カルlove  2017-07-26 16:29:29 

はぁ、と三度目の溜め息。

「…じゃあ、怒っている理由だけでも教えてくれないか」

いつまで経っても機嫌を直さない赤羽に、僕は理由を聞くことにした。
それが分かれば、赤羽の機嫌を直す糸口になるかも知れない。

「…………」

また無視か。

そう思った僕は、もう一度口を開き、赤羽に呼び掛けようとする。

「………だよ」

小さく、耳をすまさなければ聞こえないような声。
それは、拗ねた子供の声のようであって。
赤羽の、声だった。

「何だ?もう一度言ってくれ」

「だから、浅野が……、………」

浅野クン、じゃなく浅野。
不意打ちに僕の胸がキュン、と締め付けられる。

……違う、何がキュン、だ。それは今じゃないだろ!

「聞こえない、もう一度言ってくれ」

「だから!
……っ、あ、さのが……。」

繰り返し訊いてくる僕に苛ついたのか、赤羽は声を大きくした。
だが、「浅野が」から先を中々言ってくれない。

「浅野が、何だ?」

僕が先を促すと、赤羽は顔を少し赤くして、僕をチラリと睨むような目で
みた。

「だから……、あ、さの…が、勉強ばっかして………











全然、俺に構ってくんないから…」


「……………。は?」

一瞬、僕の思考回路がショートする。

理由を口にするのがよっぽどの屈辱だったのか、赤羽は荷物を纏めて僕の部屋から出ていこうとする。

赤羽の手がドアのノブに掛かったところで、僕は赤羽を両腕の間で動けなくするように、ドアにその両手を置いた。

「………っ、何」

僕の行動が予想外だったのか、赤羽は顔をもっと赤くし、僕を睨む。

「…君がそういう可愛いことを言うから、帰したくなくなってな」

「~~っ…、ばか」

「馬鹿で結構だ」

ちゅ、と赤羽に短いキスをする。

「だから許せ、赤羽」

「………、二度目はないからね」


end.


終わった\(>∀<)/

  • No.247 by カルラブ  2017-08-12 12:25:16 

どうもお久しぶりです!
どうも学校の成績が振るわなくて…
前カルloveさんありがとう!
消化不良消えた…

  • No.248 by ゆゆ  2017-08-14 12:04:32 

こんにちは、ゆゆと申します!
混ぜてくださいな(o・ω・o)

  • No.249 by みりん  2017-08-15 00:08:52 

みりんと申します!!
私も混ぜてください…!

  • No.250 by カルラブ  2017-08-17 08:27:44 

おお!新しい方がいらっしゃってる!
よろしくお願いします!

  • No.251 by カルラブ  2017-08-21 22:46:32 

みなさんに聞きます。
率直に言って、何カルが好きですか?
回答は260~270にします。
よろしくお願いします!

  • No.252 by カルラブ  2017-08-24 23:24:02 

やっぱりそのままお答えください!
数字とか完全無視でいいですw

  • No.253 by カルラブ  2017-08-24 23:45:18 

唐突のヤンデレ

「ねぇ、カルマ君」

凍てつく殺気が俺の肌を切り裂くように

「なんで最近」

あの頃は楽しかったのに

「僕のほうを向いてくれないの?」

…それはこっちのセリフだ。

いつの間にか壊れてしまった関係は

もう戻ることはない。

「なんで何も言ってくれないの?」

言えるわけがない。

だって

口を塞がれちゃったもの。

「ねぇ、カルマ君声を聞かせてよ…」

「君のやさしい、テノールような声を、さぁ」

どんなに声を出そうとしても出ないものは出ないのに

ねぇ なぎさくん 俺は こんな生活 いやだよ。

はやくきえたいよ。

こんな渚君…見たくないよ…───。

最近は学校もいけてない。

殺せんせー…何やってるかな。

不思議と涙がこぼれてくる。

ああ

そうだ

もう

殺せんせーは

いないんだった。

あの学び舎はもう

きえたんだった。

渚君は、どうしてこんな風になっちゃったのかなぁ?

ねぇ、せんせー

迎えに来てよ。

はやくせんせーに

先生に会いたいよ…

たとえ消えてしまっても

せんせーはいるでしょう?

お願いだよ先生

あの日みたいに

手を、触手を、

差し伸べてよ

先生

先生

せんせー

「せ…んせ、い…───」

もしもあの日に戻れたなら

もしもあの手に触れられたなら

俺は、もう…

「カルマ君…カルマ君…?」

声が、聞こえる

渚君の

少し涙ぐんだような声が

拭わなくっちゃ

綺麗な奇麗な渚君の涙を

早く手を伸ばさなくちゃ

「少し」

「手を伸ばしたら」

「君の涙が」

「僕の手に触れた」

ああ……やっぱり思えていたんだね

しゅるりと俺の目に巻き付いていた包帯が取れる。

はっきりと

渚君を

自分の

瞳の中に

映す

ああ、みえた。

  • No.254 by カルラブ  2018-02-04 14:23:35 

誰かいますか?

  • No.255 by あやっち  2018-03-08 20:00:03 

初めまして!いれてください!

  • No.256 by あやっち  2018-03-08 20:01:30 

だれかいますか?

  • No.257 by あやっち  2018-03-08 20:34:23 

皆さんのかいたものはすごいですね(゜ロ゜)それでは私も書かせてもらいます。

渚カル
学校から帰る途中一緒に帰っていた渚がお菓子を買って来ると言って急にいなくなった。渚は何処に行ったんだ?そんなことを考えながら歩いていると突然上から何かが降ってきた。
「っ!?」
カルマはとっさに動きそれをよけた。しかし、地面についた瞬間その地面に落ちたものから粉がでてきた。
?「カルマ君、逃げないでね。」
すると聞きなれた声が聞こえた。そしてそれが誰なのか理解するのに少し時間がかかった。
(どうして彼が…)
考えながら俺は意識を失った。

「うっ…」
目が覚めると俺は見知らぬ部屋にいた。思わず
「ここはどこだ…」
と漏らした。するとさっきも聞いた声が、渚が
渚「ここは僕の部屋だよ、カルマ君」
と答えた。
「何でここに運んできたんだ?俺は家に帰りたいのだけれど。」
渚「何でってそれはカルマ君のことが好きだからだよ。」
「えっ!?」
平然とそれをいった彼に俺はかなり戸惑った。
渚「もう、一緒に帰ろうといったのに先に帰っちゃって…歩くのが早いからおいていかれちゃったじゃん。」
「はぁ?何言ってんの?渚が急に」
そこから先は喋ることが出来なかった。だって渚が俺の口を塞いでいるからだ。
「!!やっ…やめっ…」
渚はそれでも口を塞いだままだった。

一旦切りますね。

  • No.258 by あやっち  2018-03-08 21:03:05 

続きです。

渚ってこんなに力が強かったか?そんなことを思いながら塞がれた口を解放しようと必死になっていた。
渚「そろそろかな?」
すると突然渚が俺の口から手を離した。
「はあっ…はあっ…」
危なかった、あと少しで酸欠になるところだった。
しかし、安心できたのも少しだけだった。今度は渚が俺の唇にキスをし、舌をいれてきた。
「んっ!!」
突然のことに俺は反応できなかった。俺は逃げたい。しかし、逃げたくないと思っているじぶんもいて逃げることができない。今なら逃げられるのに…
渚「カルマ君…どうして逃げないの?」
悪魔みたいな笑顔で笑いながら問いかけてくる渚に俺は何も言えなかった。言うことは俺のプライドが許さない。そして渚もわかっているはずなのに…そして俺は
「小動物の雌に何で言わなくっちゃいけないんだ!!」
といつもの癖でいってしまった。
渚「へぇー、そんなことを言うんだ…」
言ってからしまったと思った。いつもと関係が逆だと言うことを考えていなかった…
渚「それじゃ、逆らった罰だよ。」
そう言いながら渚は俺を押し倒した。
「いやっ」
渚「やっぱりカルマ君は可愛いね♪」
「うう…」
抵抗もできず俺は渚のされるがままになった…

中途半端な終わりかたですみません(>_<)はじめて作ったので出来はかなり悪いと思います…皆さん悪いところがあったらコメントをください。

  • No.259 by カルカル様  2018-03-12 17:33:46 

皆さん文才すごいですね!

  • No.260 by あやっち  2018-03-12 21:20:37 

そうですよね。皆さん凄いです!

  • No.261 by カルラブ  2018-05-12 17:26:45 

おうふ、久しぶりに来ていたら新しい方がいらっしゃっていた…だと…?!
すっごい美味しいし、文才があふれかえっている!!
ってことで全然できてないカルマがストーカーされる話投下します。

カルマがストーカーされる話。





「え、ない。どうしよ。」

俺はみんなが帰ってしまい、静まり返った教室で、立ち尽くしていた。

「え、うそでしょ。ない、どうしよほんとに。」

 ただただ早口に独り言をつぶやく。
 俺が立ち尽くしてしまった理由、それはスマホがないことだ。さっきまで確かにあったはずなんだ。一回教室に入って、また隔離校舎の屋根で昼寝してた時はまだあったんだ。なのに…どこいったんだよ。俺は「バカかよ…」と毒づいて、また探し始めた。ほんとにどこいったよ。あーだこーだ言いながら探していくと。
「あ、あったーー!!」
 や、やっと見つけた!まさか机の奥底にあるとはなーー、探したはずなんだけどさ。
「よしよしこれで帰れる。」
と、下駄箱に行くと。俺の靴の上に何か封筒がある。俺が「なにこれ?」と封筒の中身を見ると……SDカード?なんだよ。紙媒体じゃないのかよ。ちょっとドキッっとしちゃった俺がバカみたいじゃん。
「ま、いっか帰ろ。」
 俺が靴を履き山道を降りているとき、何か視線を感じたのは、気のせいではないはずだ。………多分。なんかぬめっとした、絡みついてくるような視線が気持ち悪くて仕方なかった。





家について、一旦課題をさくっと終わらせて俺のノーパソにSDカードを入れると、すぐにロードされた。そこには一つの写真ファイル、圧縮ファイルみたいだ。かなりの量が入っているらしかった。大丈夫。ほんとに大丈夫もしもの時のウィルス用ソフトもあるし。消えてほしくないファイルとかゲームデータは全部ほかの端末に移している。あとネットワーク弄られたくないからこれのネットワークも切ってある。よし、準備は万全だ。開こう。
そうして、ファイルをクリックした俺は、オゾゾ、と鳥肌がたった。
「な、なんだよこれっ………!」

 何だよこれ、気持ち悪い。吐きそうだ。
 いつから?いつから録られてた?しかもこれ、俺が風呂入ってた時の。



 気持ち悪い。





 でも、言いたくない。自分のことなんかで、皆の手を煩わせたくない。これは、しっかりしまって置こう。
 気持ち悪いもの見ちゃったな…。

「前からよくつけられたけど、ここまで情熱的(笑)なのは久しぶりだな…」

しんどいぜ…。

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:その他のテーマ







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー







管理人室


最近見たトピック

キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

スマートフォン/携帯で使う

QRコードブログパーツ
セイチャット

スマートフォン/携帯にURLをメール

check