Zodiac Signs ~星の少年少女~

Zodiac Signs ~星の少年少女~

ブバルディア  2019-05-18 22:32:54 ID:cf2b77bae
通報
この世界は、星が支配している。

【星を統べる者こそ、この世界を統べる者だ】

星の支配する国【バルツァ皇国】のとある
少年少女は、星を操る力を生まれ持っていた。

そして、彼らは今星を統べる悪の王を
倒すことにした。

レス禁

コメントを投稿する

  • No.118 by ブバルディア  2019-07-12 20:38:18 ID:cf2b77bae

「美味しそうだね。ジェイドもそう思わない?」

《ん、ウマそ。腹減ってるからありがたい》

  • No.119 by シルク  2019-07-13 12:52:24 

『では、ごゆっくり過ごしてくださいね。4部屋の準備を進めてきます。』

女主人は朗らかに声をかけて去っていった。
シルクたちは本当に久しぶりの客のようで、食堂は貸切も同然だった。

「では、冷める前にいただきましょうか。
ん!おいしい。このパン、果物が練ってありますよ。」

パンをちぎって一口食べるとブドウの味がしたので、飲み込むとみんなに話しかけてしまった。

「……えっと、お昼ごはんが終わったら、誰かの部屋に集まってお話をしましょうか。」

  • No.120 by ブバルディア  2019-07-13 21:31:02 ID:cf2b77bae

「そうだね」

リリィは微笑む。

《…俺の部屋来れば?ジェイクに戻っとくし…》

  • No.121 by シルク  2019-07-13 21:59:28 

「ありがとうございます。では、ジェイドさんのお部屋に集合しましょうか。」

にっこり返事をすると、おいしい食事を楽しんだ。


しばらく経って、ジェイドの部屋をたずねたシルクたちは話し合いを始めた。

「まずは、この商業都市のどこに支配者がいるかを予測したいですね。
王都と繋がる河川を管理する家……かしら……。」

  • No.122 by ブバルディア  2019-07-14 22:25:12 ID:cf2b77bae

「それなら…心当たりがあるよ。
僕の幼馴染なんだ」

リリィはポンと手を打つ。

《……リリィは、顔馴染みが多いからな》

  • No.123 by シルク  2019-07-15 16:05:54 

「まあ。お友達が多いのですね。いい情報をありがとうございます。」

ぱあっと笑顔を見せたが、胸元で手を握りしめて、言いにくそうに発言した。

「……あの、その、王都とやり取りをするお家は調べておきたいのですが……。」

  • No.124 by ブバルディア  2019-07-15 19:56:21 ID:cf2b77bae

「…どうしたの?」

リリィはどこか心配そうに問う。

  • No.125 by シルク  2019-07-15 21:42:55 

「リリィさんのお友達の家を疑うことになってしまうから、なんだか申し訳なくて……。」

気遣うように聞かれて、つい目を逸らしてしまった。

  • No.126 by ブバルディア  2019-07-16 06:28:55 ID:cf2b77bae

「ああ、そのこと…なら、大丈夫だよ。
アイツはまだ、支配されてないから」

  • No.127 by シルク  2019-07-16 20:31:18 

「よかった……!ご家族も無事なのでしょうか。」

  • No.128 by ブバルディア  2019-07-18 20:51:21 ID:cf2b77bae

「………きっと、ね。あいつは、特別だから」

  • No.129 by シルク  2019-07-18 22:45:02 

「…………特別なかたのご家族なんですから…きっと、無事でいらっしゃるでしょう。
……あの、幹部探しはどうしましょうか。早く倒したら、そのお友達も喜ばれるでしょうね。」

  • No.130 by ブバルディア  2019-07-19 07:08:09 ID:cf2b77bae

「そうだね…ジェイド、頼める?」

《りょーかーい!》

ジェイドはハンティングナイフを片手に
宿屋を飛び出していく。

  • No.131 by シルク  2019-07-19 08:14:18 

「ジェイドさん、くれぐれもお気をつけて!!」

ジェイドを見送った後、シルクは両手を頬へ持っていき、苦笑した。

「始めからジェイドさんに頼んだらよかったみたいですね。
場所や人物を確認したら、そのときこそ倒しにまいりましょう。」

  • No.132 by ブバルディア  2019-07-19 14:53:04 ID:cf2b77bae

「そうだね…ジェイドは匂いで
分かるらしいんだ。悪い奴らは、
どす黒い匂いがするんだってさ」

  • No.133 by シルク  2019-07-19 17:32:48 

「まあ。では、ジェイドさんの力は嗅覚に関するものなのですか?」

  • No.134 by ブバルディア  2019-07-20 13:59:31 ID:cf2b77bae

「…いいや。水を操るんだ。
元から鼻は良いんだよ」

リリィは苦笑する。

  • No.135 by シルク  2019-07-20 15:53:29 

「えっ、元から?それはすばらしい才能ですねえ。
……あれ?ところで、ジェイドさんはいつ戻るのでしょうか。」

  • No.136 by ブバルディア  2019-07-22 07:56:36 ID:cf2b77bae

「待ってて、もう少しで…」

《リリィ!見つけたからさ、殺っていい!?》

ジェイドの喜びに満ちた声が響く。

「待って、今行くから」

  • No.137 by シルク  2019-07-22 17:24:32 

「ええっ?ジェイドさんたら早い!すごい!」

ジェイドの帰りに目を見開いた後、
すぐにワンピースの裾を握りしめて入口へ向かった。

「私もまいります。治癒ならお任せください!」

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:オリジナルキャラなりきりチャット







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

console.log("通った"); トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック