アリスは憂鬱な夢を視る / 半無登録、指名制 / NBL /

アリスは憂鬱な夢を視る / 半無登録、指名制 / NBL /

赤の女王  2018-06-06 13:39:59 
通報




見知らぬ声がアリスと繰り返す

誘導されるのは、道無き未知へ

最後に助けを呼ぶ声が耳に届き、気づけば見知らぬ場所にいた。



_________________________




■ はじめに / 物語、説明、規約 ■
http://alice123.hanagasumi.net/fir.html

■ 提供 ■
http://alice123.hanagasumi.net/jyuunin.html

■ HP ■
http://alice123.hanagasumi.net/index.html




_________________________



当トピックは再建の場になります。
以前のトピに変わり提供の年齢制限が無くなりました。
また、都度の変更などが有った際に混乱を招かないように設定等の変更は随時特設HPにて行います。

登録のアリスさまに関しまして、登録の際にイメージイラストを載せさせて頂く事が有るかと思います。
イラストや小噺などにお子様を使わないで欲しい等有る場合は前以てお伝え願います。
また、イメージと違う等有る場合も遠慮なく申し出くださいませ!対応を取らせて頂きます。
詳しくは説明ページに纏めています。


_________________________




___暫しご静粛に。



コメントを投稿する

  • No.2052 by 赤の女王  2018-12-30 23:13:48 



>オリバー

(/昨夜は折角来て頂いたのにお返事をする前に寝落ちをしてしまい申し訳ございませんでした…!、次回必ずお返事をさせて頂きます…!是非またお時間が合いましたらいつでもお越しくださいませ!今度こそお話しできるようにお返事をさせて頂きますので!)

  • No.2053 by 赤の女王  2018-12-30 23:14:44 



>お願い
>現在HPにてキャラクターの人気投票を開催中です。

今後の参考の為にご参加して頂けると幸いです!。
また、こういった系統のキャラが欲しい等の簡単なリクエストなども有りましたら是非参考にしたいのでお気軽に「拍手」機能よりコメントを頂けると幸いです。

>これより寝落ちまで人数無制限でアリスをのんびりと募集しておりますので、お気軽にお声掛け下さいませ! / 交流登録は随時受付中


お久しぶりの方も、初見の方も、どうぞお気軽にお越しくださいませ!

http://alice123.hanagasumi.net/yuuguu.html
現在、上記属性のアリス様を全力優遇で募集しております!

参加検討の為の相談、希望、質問などの書き込みも大歓迎です。
老若男女問わずに交流可能ですので、お気軽にお声掛け下さいませ。

■ HP ■
http://alice123.hanagasumi.net/index.html
■提供■
http://alice123.hanagasumi.net/jyuunin.html

  • No.2054 by 赤の女王  2018-12-31 15:15:53 



>ご挨拶
今年は一年とてもお世話になりました!、皆さまのお陰でとても楽しく素敵な一年を過ごすことが出来、感謝の気持ちばかりです。
来年は私事では有りますが、業務が変わり顔出し頻度が低くなってしまうかもしれませんが、お会いすることが出来た際にはお話して下さると幸いです。
それでは寒い日々が続きます故、どうぞお体を一番に、良いお年をお迎えくださいませ!


>これより人数無制限でアリスをのんびりと募集しておりますので、お気軽にお声掛け下さいませ! / 交流登録は随時受付中

お久しぶりの方も、初見の方も、どうぞお気軽にお越しくださいませ!

http://alice123.hanagasumi.net/yuuguu.html
現在、上記属性のアリス様を全力優遇で募集しております!

参加検討の為の相談、希望、質問などの書き込みも大歓迎です。
老若男女問わずに交流可能ですので、お気軽にお声掛け下さいませ。

■ HP ■
http://alice123.hanagasumi.net/index.html
■提供■
http://alice123.hanagasumi.net/jyuunin.html

  • No.2055 by ジェリー・ギブソン  2018-12-31 15:58:58 



(/ご無沙汰しております、ジェリーの背後です。寒い北風が吹き募る今日この頃、丁度仕事が一段落ついたところで久々の募集をお見かけしお声掛けさせて頂いた次第です……!本日は大晦日ですので時折返信が滞ってしまう事と思われますが、お時間の許す限りお相手を努めさせて頂きたく思います。可能であれば前回の続きからライオン様とお話させていただきたく、以下のロルは>>2030に返信する形となります。)

>>ライオン
──、へ……?
( 目が合った瞬間叱責を受ける事と覚悟を決めていたが、気に留める様子もない男は親しみやすい笑顔で手招きを。想定外の反応に拍子抜けしたのか咄嗟に間抜けな声で返事をするも、躊躇いを上回った好奇心に突き動かされ足を踏み出して、スープの入ったいかにも厨房用の大鍋を覗き込み一言、「……美味しそう」と呟くように正直な感想を述べる。更にこちらの返事を待たずして気前良く皿に注がれた出来たてスープを受け取ると、食欲を唆るその香りに思わずゴクリと生唾を飲み込む。勧められた席へ促されるまま腰掛け礼を言う代わりに軽く皿を持ち上げて会釈をしてから遠慮がちに口を付けると、一口喉を通しただけで目を見開いて顔を上げる。「美味い、最高に美味い。あ"あ、ええと、俺が今まで飲んだスープの中で断トツ美味い」軽く衝撃を受けた。ここへ来てからろくな睡眠も取れなければ薬の所為か食欲もなく、食卓に並んだ豪華な食事にも全く手を付けていなかった為、腹の足しにならない少量のスープでも少ない語彙で精一杯美味しさを伝えたくなる程に大変嬉しかった。自信満々にライオンと名乗った彼にコックの肩書きが付くのも料理を一口味わえば納得で尊敬に値する眼差しを向け。彼を見上げる形で向き合えば、温かいスープの入った皿を両手に冷えた指先を暖めながら答えて )
──ああいや、一応城に住まわせてもらってんだけど……来たばっかだし、俺全然外に出ないから。

  • No.2056 by 赤の女王  2019-01-04 20:14:16 



>ジェリー

(/先日は纏まった時間の待機ができずに申し訳ございません…!本日、もう少ししてから久しぶりに募集受付が出来るかと思いますのでもしタイミングが合いましたらいつでもお越しくださいませ!)


>皆様

(/全然お時間が取れず申し訳ございません…!、明日は休みのため、本日もう少ししてから久しぶりにのんびりと待機をしてみようと思っております…!タイミングが合いましたらぜひお越しくださいませ!)

  • No.2057 by 赤の女王  2019-01-04 21:07:25 



>これより人数無制限でアリスを募集しておりますので、お気軽にお声掛け下さいませ! / 交流登録は随時受付中


お久しぶりの方も、初見の方も、どうぞお気軽にお越しくださいませ!

http://alice123.hanagasumi.net/yuuguu.html
現在、上記属性のアリス様を全力優遇で募集しております!

参加検討の為の相談、希望、質問などの書き込みも大歓迎です。
老若男女問わずに交流可能ですので、お気軽にお声掛け下さいませ。

■ HP ■
http://alice123.hanagasumi.net/index.html
■提供■
http://alice123.hanagasumi.net/jyuunin.html

若しかすると短時間の待機になってしまうかもしれない為、御容赦下さいませ!

  • No.2058 by Oliver=Scarlet  2019-01-04 21:33:31 


(/今晩は、先日は遅筆となり申し訳ありませんでした!お時間合うようでしたら前回の続きからお相手お願い出来ませんでしょうか?)

  • No.2059 by 木暮 録座  2019-01-04 21:47:45 


(/こんばんは、そして明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します。かなり間が空いてしまったのですが、>1820の続きからお相手頂けますでしょうか?)

  • No.2060 by 白の女王/仔鹿  2019-01-04 22:15:21 



>オリバー

___。(何が不満か、何が不服か。今日も今日とて不愛想な仏頂面を晒しながら偉そうな物腰で王座に佇む。伸ばした足は一人のトランプ兵を足置きにして、肘をついた体制で目の前に立つ数名のメイドを睨む様に見据える。そうして一人の来客者がいるとも思わずに「右から順に、下品な赤いミラーケーキを作った罪、紅茶が熱かった罪、室温調整を怠った罪、あとお前とお前は――ついでに。お前も足の高さが気に入らないからついでだ。全員の首を刎ねろ!今直ぐに!」一つ二つと順番に指をさしていきながら、後半に至っては単なる無茶振り。最後の最後に足置きになっていたトランプ兵を踵の先で小突けば足を床へと降ろし無情たる判定を。ぴしゃり、と言い退けたその命令とは理不尽極まりなく、怯え切ったメイドの表情がこの気紛れな残虐ショーがこの男の気分次第で本当に行われる事を示しており、響き渡る金切る悲鳴とバタバタと戸惑い逃げようとする死刑宣告を受けたメイド達、彼女らを抑え込むのはその矛先が自らに向かないようにと必死である他のメイドやトランプ兵で。彼女や彼らの見目が、赤の城の物と全く持って違うのはその全てが白く、他の色を纏っていない事で。哀れにも捕まった一人のメイドが自らの目の前に抑え込まれると、嫌だ嫌だと繰り返す彼女に対して初めてにっこりと笑みを浮かべ「首を刎ねろ――ッ」ドン、――ゴロン、容赦なく降ろされたのはトランプ兵の持つ斧で、続いて落ちたのは今し方まで死にたくないと懇願していた彼女の頭部。パチパチと拍手を行えば、く、っく、と喉を鳴らすように楽しむ笑い声で隣に並ぶ同じ顔の男へ「良い物を見た、残りはまた後だ。気味が悪い、それを片付けろ」と浮かべた笑いをスウと消して、今まさにこの城内にアリスが迷い込んでいるとは思わずにいて)

(/先日は大変失礼致しました…!もしかすると途中で寝落ちをしてしまうかもしれないのですが、どうぞご容赦頂けると有難いです…!。早速お返事をさせて頂きましたが、絡み辛ければいつでもキャラクターチェンジを行いますので遠慮なくお伝えくださいませ!)


>木暮

遊園地は偶に幾分には良いけど、毎日暮らすには煩すぎる。公園は便利だけど人が多すぎて噂話が煩わしい。森の息吹が聞こえる此処が一番過ごしやすいんだ(草木の香りが先ほどの庭園の様に籠っていないのは、澄み渡る空気が風になりその香りを適度に薄めて運んでくれているからか。鳥の囀り、草木の擦れる音、些細なその音に耳を傾ければ暗に同意を示してから「オッサンは。元のクニでどんな所で過ごしてたんだ」浮かぶ好奇心、自分の知らない世界を知りたいと思うのは本能のそれか。「ヤミイチってのは遊園地みたいに賑やかな場所?それとも公園の出店街みたいに便利な場所?」彼が自分の事を馴染みが無いと思う様に、自分にとっても彼と言う存在は馴染みが無く珍しい。暫しの間森の中を歩きながら、漸く到着したのはログハウスのような木で作られた家で。「そっちは店だから、住むのはこっち。オッサン、他所で仕事しない時はそっちで掃除とかやれよな」遠慮なく彼の背をパシンと叩いてこれまた遠慮のないそんな太々しい申し出を添えて)

(/こんばんは!遅ればせながら明けましておめでとうございます!今年も何卒宜しくお願い致します!。それでは続きよりお返事をさせて頂きます…!お時間が許します迄どうぞ宜しくお願い致します!)

  • No.2061 by Oliver=Scarlet  2019-01-04 22:53:01 


>白の女王

(勝手に侵入したのだから何も暖かな歓迎を期待していた訳ではないが、それでも不審に思うのは人が暮らしているのかと疑いたくなるほどの静けさで。そもそも白いお城の存在を、未だかつて人から聞いたことも無い。まさか無人の廃城なのかと、冷風から逃れたにも関わらず何処か寒々しさを感じながら考えていれば耳にしたのは人の声。然してそれに思わず体が凍り付いたのは、賑やかな談笑とは程遠い、空気を切り裂くような叫び声であったからだろう。なに、なにが起こっているの。夜の病院を歩く時のような、一種独特な恐怖に息苦しさと動悸を覚えるも、思わずその方向に足が向かってしまうのは猫をも殺す好奇心が為。言うなればそう、怖いけれど聞いてみたい、怪談を聞くあの心理と全く一緒、そろりそろりと足音と気配を消して、緊張の割に笑顔を浮かべて覗いた先は大きな広間。まず目に入ったのは、地面に転がった大きなナニカ。手があって足がある、その物体が身に付けている衣服がよくお世話になっているメイドさんとよく似たものだと分かっても、何となく存在を受け入れ難いのはあるべきものがあるべき所にない為か。幾らかの予感を胸に視線をずらせば目が合ったのは潤んだ双眸。今にも涙が零れ落ちそうなその目は、然し昏く濁りきったままもう動くことは無い。__しんでる。そう頭で理解出来ても実感出来ないのは飛び散る赤色がないからだろう。マネキンが倒れているくらいの感覚故に、いっそ何が起きているのかとドキドキしていた先程よりも冷静な頭は、足が竦んで物音を立ててしまうだなんて失態を犯すことも無い。とはいえ冷静だから白痴でないという話でないのが残念な所。次いで圧倒的存在感を誇る端麗な顔立ちの御人を見れば、その態度からあの人が多分偉い人だろうと当たりを付けて。素直に隠れていればいいものを「__おじゃましてまぁす」なんて場違いにもひょっこり陰から顔を出してご挨拶すれば、目を細めてにっこり笑顔。よもや惨状を目にしたとは思えない態度で、義理は済ませたと言わんばかりにまた顔を引っ込めればスタスタと廊下を歩きだそうかな。)

  • No.2062 by 白の女王/仔鹿  2019-01-04 23:14:45 



>オリバー

―――誰が鼠を入れた。お前か、お前か、お前か――ッ。(本当の意味での楽しみを感じているのは己一人だと言う現状を知ろうともせずに、既に死体となってしまった彼女の片づけを白の騎士が指示を出すのに合わせ浴びる絶叫も音叉の如く響き渡る聲もが、途端に静まり返る。そんな中で現れたのは場に似合わない何とも平和なその声で。一瞬だけ現れたその姿に逆毛を立てるようなその雰囲気でゾワゾワゾワと背筋を震わせたのは絶対領域であると信じて疑わないこの場に現れた、得体の知れない存在だからか。瞳孔を開き、カっと眼を大きくすれば度の過ぎた潔癖症の為れの果て、「今すぐに鼠を捉えて此処まで連れてこい。トロトロするな、俺が今すぐと言えば今すぐに連れて来いッ」蜘蛛の子を散らすとはこのことか、また理不尽な首刎ねショーに巻き込まれては困るとばかり、その命令に合わせて集まっていた兵隊もメイドも脱兎のごとく彼女を追い掛け。とは言え、その顔は罪悪感に押しつぶされそうな哀れな物。白の騎士に宥めらるその間にも傲慢な思考は止まることを知らない、そんな男の前に彼女を連れ出すと言う事がどういう事かを知ればこその罪悪感なのだ。彼女を前にした一人のトランプ兵はこっそりと逃げ道を示すように指を一つの扉に向け、それを見つけた他のトランプ兵に捉えられる事となる。裏切り者を連れて行く事で、アリスである彼女から白の女王の気を逸らそうと言う魂胆か。ズルズルと引き摺られる様に助け舟を出したトランプ兵は再度、白の女王のいる場へと連れ出されて)

  • No.2063 by Oliver=Scarlet  2019-01-05 00:00:25 


>白の女王

(ざわっと、肌が粟立つ感覚に背後を振り返れば必死の形相で追い掛けてくる人、人、人。それに思わず逃げ出したのは本能的なもので、捕まればどうなるかなんて足りないおつむじゃ分からない。たったと軽やかな足取りで廊下を走るなか、何故逃げているのか、何故追いかけてくるのか、それを至極真面目に考えた結果、頭の中でぽんと手を打ち成程追いかけっこかと納得しよう。とはいえ勝手知ったる赤の城とは違い、初めて足を踏み入れるここで地の利など己には無い。追い詰められていく中で、逃げ道を指し示してくれたトランプ兵に呑気にもはてと首を傾げて。その疑問は鬼だと思っていた相手が助け舟を出してくれた事によるもので、然しそもそも思い込みで動いているこの状況、彼は逃走者サイドなのだと勝手な答えでまたもや納得。一緒に逃げようと差し出した手は彼が引っ立てられていくことで空回りし、呆気に取られる中早く逃げろと言わんばかりの周囲の目に押されるようにして、その扉へ手を掛けよう。最後にもう一度後ろを振り返って見たその光景は、やけに網膜に焼き付いて。捕まったのだから、今度はトランプ兵の彼が鬼だろう。どうして皆一緒に帰っていくの。純粋な疑問ではあったが、お陰でここに来て漸く何か思い違いをしていた事に気が付けば、取り敢えず外に出ながら考え事を。鬼ごっこじゃないのに追い掛けられた、彼が代わりに捕まった、それならその次は何が待っているのか。ぐるぐる唸りながら頭を働かせても首斬りにまで考えが及ばないのは、その経緯を知らないが為。まさか王座に座る件の美形がそれを命じていただなんて誰が想像出来ようか。折角逃がして貰ったにも関わらず、その有難さを理解していない幼子はまたもや城へ侵入しよう。知らないのならば知ればいい、何より二度目は出口が分かっているのだから。そんな愚直な考えにより、再び大広間前の廊下に戻ってくれば物陰に息を潜めて。武装のつもりで持ったきた雪玉が溶けることを気にしながら、聞き耳を立てていよう。)

  • No.2064 by 木暮 録座  2019-01-05 00:12:12 


>仔鹿

あー…お世辞にも良い所とは言えねえなあ。
(深く森の空気を吸い込んで吐くと、クラクラしていた頭も多少スッキリした様な気がする。仏頂面こそ変わらないものの眉間に寄っていた皺を僅かに薄くして。元々の住まいについて、如何にも戦争とは縁遠そうな相手に出来る様な上手い説明が思い浮かばず口篭っては自分の感想を述べる事で間を繋ぎ。「便利だが喧しくって、何処も彼処も煙臭くてかなわねえ場所よ。…此処とは正反対の所、って言やあ何となく伝わるか。」時折相応しい言葉を探して視線を彷徨わせつつポツポツと説明すると、これが好奇心を満たせる答えになっているだろうかと自信無さげに横目で相手の反応を伺い。森に良く馴染んでいる木の住居、自身にとっては中々目新しい外観をしげしげと眺めていると背中に軽い衝撃を受け、パチリと瞬きすれば「…まあ、追い出されねえ程度には動くつもりだ。宜しく頼む。」と気の抜けた返事を。)

  • No.2065 by 白の女王/仔鹿  2019-01-05 00:47:07 



>オリバー

(絶対服従であるべきの存在が寝首を掻くとは、腹を上にし媚びる様に尻尾を振るだけの存在でなければならないにも拘らず裏切ったとは。完璧主義者である自らに傷を付けられた思いになってしまう。苛立ちを超えた苛立ち、僅かに揺れる肩は強すぎる自尊心が乱された事を明確に表しており、対照的にその表情からは喜怒哀楽が消えていた。顔だけは無を現すようにただ只管に冷たい物、乾く様な喉を引き剥がし「――裏切り者は不要、この屑の首を刎ねよ」伸ばした人差し指を左から右へ払う様にすうと動かし、そうは言えど今まさに彼女と言う存在から意識を逸らすのには十分だったようで、彼の頭の中には言う事を聞く筈の忠犬が裏切った事実だけ。そしてもう一度、重たく空気を切る音がビュンと鳴る。先ほどよりも図太く重たい音がしたのは、転がる頭部が男性だったからだろうか。___自らの付き人が連れて来た当の存在を見なければ、すっかり彼女と言う存在は頭から抜け落ちていたかもしれない。目の前に連れ出されたその存在を熱を持たない冷たい眼で見据えれば口を一の字に閉じ、ゆっくりと開く。「俺の城に何の用だ。――鼠のせいで俺の可愛い兵隊が死んだぞ」人のせいにするにも甚だしい、理不尽な言葉を送り)

白の騎士:――……、盗み聞きとは悪い子め。(姿形こそ、傍若無人の彼と同じ物。僅かな人の気配に気が付けばピリピリと張り詰める空気の室内に興味を持つことなくその気配の元である廊下を辿り。そしてビンゴと言う様に見つけた見慣れない姿に口角を持ち上げてから声を掛け、白の女王が探していた姿を見つけたと言うたったそれだけに従うように彼女の身体を肩に担ぐように遠慮なく持ち上げて、そのまま主人の前へと降ろし)


>木暮

――嫌いな場所なのか?。オッサンが元のクニが嫌いならもー聞かない。けど、少しでも好きな所があるならそんな言い方やめろ。いつか忘れちまうんだから、覚えてる内はオッサンだけのクニなんだから大事にしなきゃ駄目だ(唇を尖らせながら怪訝がる表情にて眉間に皴を刻むと故郷を話すには相応しくない彼の表情、そして説明の言葉にそれ以上の説明を止めさせるように口を切り。「不思議の国に長く居過ぎたら、元のクニに関係することを忘れちまう。現に元のクニの事を忘れちまったアリスのことを見て来た俺が言うんだから嘘じゃないぜ」添える様にこの国独自の決まりを教えればほんの少しだけ肩を竦ませて。緩さすら含んだ彼の返事に耳を傾ければ釣られる様に口角がゆるりと持ち上がり、「ホットチョコレート。――ホットチョコレート淹れてやる。ショコラスプーンがあるんだぜ」にしし、と歯を見せた笑みを浮かべれば共に過ごすに当たっての面倒見の良さが顔を出したか、離れる様に数歩先を歩けば落ち着いたナチュラルテイストの我が家へ彼を招待し)

  • No.2066 by Oliver=Scarlet  2019-01-05 01:19:27 


>白の女王

(聞いてしまったのは全ての真実、あの白い綺麗な人がメイドさんと兵隊さんを殺したのだと、漸く合点がいって。とはいえ肉薄した恐ろしさを感じないのは、彼らの遺体が相変わらず現実味のないものだからか。血が流れていない燃えてもいない、そんな遺体に心は痛まない。それはそれで何処か感覚が鈍ってしまっている節はあるけれど、今はそれに気を取られる余地はないようで。ふ、と影が差したかと思えば、見上げた先には部屋の中に居る筈の白い人。可笑しいと思う間も無く担ぎ上げられれば、次の瞬間にはどさりと床の上に着地していて。咄嗟に確認したのは雪玉の安否で、壊れても溶けてもいないことにほっと息をつきながら、王座に座る御人へ目を向けて。「オリバー外がさむかったから入っただけだもん。かってに入ってごめんなさぁい。でもちゃんとおじゃましますって言ったよ?」何の用かと問われれば言い訳じみた口調で説明、一応謝罪も添えながら先程の挨拶が伝わっていなかったのかしらと首を傾げて。それらを飄々と言ってのける様は背後に己のせいで命を落としたトランプ兵が居ると分かっているのかと言いたくなるもので、「ネズミじゃないよ、オリバーだよ!ねえねえ、なんでオリバーのせいなの?オリバー最初ね、おにごっこしてるって思ってたんだけど多分ちがう、よね?それはわかったの!じゃあなんでつかまったの?なんでこの人しんだの?ねえねえ、カワイイならなんでころすの?」矢張りまるで分かっちゃいなかった事を自ら露呈しながら、なんでなんでと繰り返そう。)

  • No.2067 by 赤の女王  2019-01-07 21:27:28 



>オリバー、木暮

(/先日はとても楽しいお時間を有難う御座いました!またお時間が合いましたらいつでもお越しくださいませ!。お話出来ることを楽しみにしております!)

  • No.2068 by 赤の女王  2019-01-08 10:31:09 



>これより人数無制限でアリスを募集しておりますので、お気軽にお声掛け下さいませ! / 交流登録は随時受付中


お久しぶりの方も、初見の方も、どうぞお気軽にお越しくださいませ!

http://alice123.hanagasumi.net/yuuguu.html
現在、上記属性のアリス様を全力優遇で募集しております!

参加検討の為の相談、希望、質問などの書き込みも大歓迎です。
老若男女問わずに交流可能ですので、お気軽にお声掛け下さいませ。

■ HP ■
http://alice123.hanagasumi.net/index.html
■提供■
http://alice123.hanagasumi.net/jyuunin.html

若しかすると短時間の待機になってしまうかもしれない為、御容赦下さいませ!

  • No.2069 by 赤の女王  2019-01-08 19:47:58 



>引き続き募集受付をしております…!

  • No.2070 by 赤の女王  2019-01-11 11:35:16 



>これより人数無制限でアリスを募集しておりますので、お気軽にお声掛け下さいませ! / 交流登録は随時受付中

お久しぶりの方も、初見の方も、どうぞお気軽にお越しくださいませ!

http://alice123.hanagasumi.net/yuuguu.html
現在、上記属性のアリス様を全力優遇で募集しております!

参加検討の為の相談、希望、質問などの書き込みも大歓迎です。
老若男女問わずに交流可能ですので、お気軽にお声掛け下さいませ。

■ HP ■
http://alice123.hanagasumi.net/index.html
■提供■
http://alice123.hanagasumi.net/jyuunin.html

若しかすると短時間の待機になってしまうかもしれない為、御容赦下さいませ!

  • No.2071 by Oliver=Scarlet  2019-01-11 14:07:37 


(/こんにちは、先日は遅くまでお相手頂き有難うございました!募集から少し時間が経っておりますが、もしお時間合えば前回の続きからお相手お願い出来ますでしょうか?)

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:オリジナルキャラなりきりチャット







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

console.log("通った"); トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー





管理人室


キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最近見たトピック