ラノベ、小説、ミステリー、ホラー名文迷文

ラノベ、小説、ミステリー、ホラー名文迷文

風人  2016-11-02 05:15:58 
通報
ライトノベル、ミステリーやホラー、SF、恋愛小説、ノベライズの名文迷文を紹介。

例:本文一部抜粋
作品名/人物/著者


コメントを投稿する

  • No.5 by 風人  2016-11-03 20:15:31 

「家族へ」
蝉の鳴き声とパソコンの駆動音が響く大広間に、万理子の朗読が重なった。
「まあ、まずは落ち着きなさい。人間、落ち着きが肝心だよ」
栄の遺言はまさしく彼女らしい言葉で始まった。
昨日、OZが混乱した時も、彼女の落ち着けという言葉が日本を救ったのだ。栄がそう諭してくれるならば、今のような状況でも落ち着ける気がした。
「葬式は身内だけでさっさと終わらせて、あとはいつも通り過ごすこと。財産は何も残ってやしないけど、古くから知り合いの皆さんがきっと力になってくれるだろうから、心配はいらない。これからもみんな、しっかりと働いてください」
3枚の便箋が、万理子の声を借りて遺族に伝わっていく。広間に立つ面々が鼻をすすり、嗚咽を漏らした。
「それともし侘助が帰ってきたら。10年前に出て行ったきり、いつ帰ってくるか知れないけれど、もしお腹を空かせていることだろう。うちの畑の野菜やぶどうや、梨を、思いっきり食べさせてあげて下さい」
夏希は目元を拭いながら、庭を振り返った。先ほど連絡した時は、一方的に通話を切られてしまった。彼は結局、戻ってきてくれないのだろうか。
「はじめてあの子に逢った日のこと、よおく憶えてる。耳の形があの人そっくりで、驚いたもんだ。朝顔畑で今日からうちの子になるんだよと言ったら、あの子はなにも言わなかったけれど、手だけは離さなかった」

サマーウォーズ/陣内夏希、陣内万理子、他/岩井恭平(原作:細田守) より

  • No.6 by 風人  2016-11-05 12:52:29 

僕は冷泉の目を覚ますために尋ねた。
「構成員が自分の利益しか考えない組織なら、百八十度違う結果になりませんか」
彦根先生はいたずらっ子のみたいな表情を浮かべる。
「もちろんその通りだし、世界は概ねそんな風になっているらしい。僕にとってはサイアクの事態が今の、真実がふたつあるという状況だ。まあサイアクといってもその程度なんだけどね」
こともなげに言う彦根先生の顔を、僕たちは黙って見つめるしかなかった。
やがて冷泉は、思い切った口調で尋ねる。
「どうして彦根先生は、そんな風に達観していられるんですか?」
すると彦根先生は、眼を細めて笑う。
「それが現実だからさ。現実に歯向かって物事を変えようとするよりも、現実に即して動いた方が効率がいい。これは学生時代に会得した、合気道の極意なんだけどね」
すると、冷泉は目を見開いて尋ね返す。
「え?彦根先生も合気道部だったんですか?」
次の瞬間、怒濤のような冷泉深雪の言葉が飛び出してくるぞ、と僕は身構えした。ところが意外にも、冷泉は無言だった。ただ、彦根先生を凝視し続けていた。その時、僕は初めて、無言というのは最高の賛辞なのだ、ということを思い知らされたのだった。

輝天炎上/天馬大吉、冷泉深雪、彦根新吾/海堂尊

  • No.7 by 風人  2016-11-05 18:57:44 

翌日の打ち合わせでまたしても僕は、冷泉深雪の優等生っぷりを思い知らされた。同じ話を聞いたメモなのに、九十パーセント以上は冷泉メモを採用することになった。発表内容の素案構成も、ほとんど冷泉がやってくれた、なのに素案がまとまると、冷泉は僕に向かって頭を下げた。
「今回は勉強になりました。私の世界は小さくて綺麗、だけど脆い。そのことを教えてもらえただけでもよかったです。それは天馬先輩と一緒でなければ、わからなかったことだと思います」
ぺこりと頭を下げ、ツイン・シニョンの髪飾りを揺らして、僕の前から姿を消した。
ニ〇〇八年が暮れようとしていた。

輝天炎上/天馬大吉、冷泉深雪/海堂尊敬

  • No.8 by 風人  2016-11-05 19:12:59 

鎌形は、黒いサングラスで目元を隠していた。そのいでたちが無機質な表情に凄みを加えていた。ソファに寝ころんでいた比嘉は、エロ雑誌から目をそらさず尋ねる。
「儀式は済んだんでっか?」
「ああ、済んだよ」
「おめでとはん。これで冬の人事でいよいよ副部長でんな」
鎌形は口角をかすかに上げる。これが鎌形の最上級の笑顔であることを、千代田は理解していた。
「比嘉、お前には祝ってもらえるとは思っていたよ。お前の故郷へ異動だから嬉しいだろう。来週から浪速地検特捜部だ。一緒に比嘉の故郷に凱旋しよう」
鎌形の声に、雑誌をめくっていた比嘉の手が止まる。身体を跳ね起こした。
「ワテの故郷に凱旋して、どないするっちゅうんです。鎌形さんの故郷はみちのくやないですか」
「それは違う。私の故郷は日本だよ」
千代田はかつて故郷談義に花を咲かせた時に、鎌形が言った言葉を思い出す。
----我々検事の仕事は、日本に正義の花を咲かせることだ。だから故郷は日本だ。そう思えば日本で起こる犯罪はすべて、故郷を破壊する憎むべき意思に思える。

ナニワ・モンスター/鎌形雅史、比嘉徹之、千代田悠也/海堂尊

  • No.9 by 風人  2016-11-06 18:26:41 

「ひとつ目の心残りは単なる説明不足のようですから、何でしたら不定愁訴外来で対応させていただきます」
高階病院長は、ふ、と笑顔になる。
「今のひと言で少し肩の荷が軽くなりました。それでもあの時、本当なら真正面から打ち倒すべきだった偉大な敵を、戦わずに葬り去ったという悔恨は消えません」
「その偉大な敵って、一体誰のことですか?」
「渡海征司郎という外科医です」
俺の中で、学生時代の外科学習の一場面が鮮やかに蘇った。医学生相手に容赦ない言葉を浴びせかけてきた、常識外れの外科医。その暗い瞳を思い出す。
----医者はボランティアではない。慰めの飴玉がほしいのなら、カウンセラーにでもなればいい。
そして、俺が懸命に言い返した時に返ってきた言葉。
----好きにしろ。世の中、そういう物好きな医者だって必要かもしれないからな。
俺が今、この立ち位置で残れているのも、あの言葉が原点だった気がする。
あの渡海先生と、高階病院長との確執はかくも深かったのか。

ケルベロスの肖像(ブラックペアン1998・回想)/田口公平、高階権太、渡海征司郎/海堂尊

  • No.10 by 風人  2016-11-06 19:25:28 

高階病院長は窓から遠く、海原を見た。
「昔、あの岬に桜の樹を植えようとした人がいた。私はそれを引っこ抜いた。それが正義だと信じていました。でも、長い時を経て今、自分の間違いに気づいたのです」
その話は以前も桜宮岬で耳にしたことがある。あの時は詳しく聞けなかったが、今なら聞ける気がした。
「桜の樹とは何のことですか」
「スリジエ・ハートセンターという大輪の花です。私はあの時、夜空に燦然(さんぜん)と輝くモンテカルロのエトワールを、地に叩き落としてしまったのです」
天才心臓外科医、モンテカルロのエトワール、天城雪彦。
天城先生が創設しようとした心臓疾患センターが頓挫したことを、速水はとても残念がっていた。時を経て救命救急センターのセンター長に就任した時、スリジエではなくオレンジになったが、桜宮に一本、大樹を植えることができたと喜んでいた。
「それはたぶん大丈夫です。速水のヤツがオレンジ新棟のトップに就任した時に、オレンジはスリジエの生まれ変わりだ、と言っていましたから」
「そうですか、あの速水君がねえ……」
高階病院長は、深いため息をついた。

ケルベロスの肖像/田口公平、高階権太/海堂尊

  • No.11 by 風人  2016-11-08 05:28:34 

美智はベッドに横たわっていたが、俺の顔を見るとごそごそ上半身を起こした。
「ああ、そのままで構いませんよ」
「ワシをナメたらあかん」
美智は不敵に笑い、ごほごほと咳き込んだ。
碧翠院桜宮病院では、乳癌な末期癌のホスピス患者だった。癌が全身転移しているにもかかわらず美智は、飄々と生き続けている。治療しなくてもここまで生きられるのだ、という現代治療へのアンチテーゼを、東城医大の医療従事者たちに突きつけているかのように。
美智のケアをしている看護師の顔には時々、やるせない疲労の色が浮かぶ。それは、自分たちの治療が、本当はあまり効果がないものかもしれない、と感じるがゆえの徒労感かもしれない。

ケルベロスの肖像/田口公平、高原美智/海堂尊

  • No.12 by 風人  2016-11-08 05:37:27 

「田口先生にウソをつかれるようになったら、いよいよお迎えは近ろうもん」
すべてを悟っている相手に、中途半端な慰めは意味がない。俺は今日の訪問目的を果たすことにした。
「実は今日、美智さんに聞きたいことがあって、ここに来たんだ」
いきなり美智はがばりと、元気よく上半身を起こす。
「田口先生がワシに聞きたいこと?よかろうもん、何でも答えちゃる」
「何で急にそんな元気になるんです?」
「すみれのヤツが言ったことだで。人は病人でも、誰かの役に立てるなら、死ぬ間際まで働かなくちゃダメなんだろうもん」
その言葉に胸が熱くなる。
すみれの言葉が、いのちの火が消えかけている患者の口から蘇り、俺に手渡される。
すみれが生きている可能性は低い。
だが、すみれは美智の中で、今も生きている。
碧翠院桜宮病院。死を司る病院だと言われていたその病院で、すみれは末期患者を集めて企業を作り、自立させようという独自の試みをしていた。俺は、そのトライアルを遠くから興味深く眺めていた。

ケルベロスの肖像/田口公平、高原美智/海堂尊

  • No.13 by 風人  2016-11-09 08:01:13 

「お恥ずかしい話、ここんところろくに盗みもしていなくて、だから、それこそ一攫千金を狙って別荘なんかに入ってみたんですが、金目のものはないし、おまけにドジ踏んで捕まっちゃうし。そのとき、ふっと思ったんです。別荘で捕まったんなら、そのまま刑務所(ベッソウ)入っちゃおうかなぁって。そりゃあ冬は寒いけど、とりあえず三食は食わせてもらえるし、ホームレスになるよりはマシかなって。だから今度に限っては嘘つくのはやめて、全部素直に吐いてみようかなって思いました。ほんと、申し訳ありませんでした」
右京の同情でも引こうと思ったのか、槙原はどこかしんみりした口調で頭を下げた。
「またもや説得力のあるお答えですねえ」
そんな戦術は当然ながら右京には通用しない。
「だって本当のことですから」
槙原は思惑が外れたことに戸惑った。
「ですが、いまのはちょっと無理が感じられますね」
「え?」
「仮にこのままあなたが起訴すれば、窃盗未遂とはいえ常習犯でもあり、懲役三年から五年の実刑判決が出る可能性が高いと思いますよ。ひと冬では 済みませんねえ」
「あ、そうだったんですか?」
まるで他人事のようである。
「『そうだったんですか?』。ご存じなんでしょ。なぜならば、あなたはプロなんですから」
「プロ」という部分に独特のニュアンスをこめた。

相棒シーズン5(上)/杉下右京、槙原/戸山田雅司

  • No.14 by 風人  2018-04-08 17:18:31 

「男なら、危険をかえりみず、死ぬとわかって行動しなければならない時がある……負けるとわかっていとも戦わなければならない時が……鉄郎はそれを知っていた。いいか、鉄郎にはカスリ傷ひとつつけるな!無事に地球へ帰すのだ!」

キャプテンハーロック/小説銀河鉄道999/若桜木虔

  • No.15 by 風人  2018-04-08 17:55:36 

テレサからのテレパシー通信で記憶にある、彗星帝国大帝の顔だ。
「どうだ、わかっただろう?……宇宙の絶対者はただ一人、この俺なのだ。生命あるものは、その血の一滴まで、この俺の者なのだ。宇宙はすべて我が意志のままにある。俺が宇宙の法だ!宇宙の秩序なのだ!よって、当然地球もこの俺の者だ」
大帝は高々と哄笑した。
進は憤怒に燃えて叫んだ。
「違う!断じて違う!宇宙は命なのだ!万物はその恵みを受けて、すべて平等に、共に在り、共に栄えなければならない。それが宇宙の法であり、宇宙の愛なのだ。貴様の邪悪な意志は、宇宙の自由と平和を根底から抹殺しようとするものだ……俺たちは戦う、断固として戦う」

小説 さらば宇宙戦艦ヤマト/古代進 ズォーダー大帝/若桜木虔

  • No.16 by 風人  2018-04-08 19:05:55 

「古代の恋人か……許してくれ、古代」
デスラーの瞳から涙が流れ、頬に伝うのをユキは見た。
(この人も、元からの悪人じゃないんだわ……)
ヨロヨロと歩いてゆくデスラーを、背後から射つようなことをしなくてよかった、とユキは思った。
「ヤマトの諸君に伝えてくれ。彗星帝国に身を寄せていたとはいえ、私の心ははるかに君たちに近い……古代、戦え!」

小説 さらば宇宙戦艦ヤマト/森雪、デスラー総統/若桜木虔

  • No.17 by 風人  2018-04-09 18:06:17 

第七章 未来
地球連邦は、大きな期待と希望を込めて、人類の未来のため、以下の項目を準備することとする。
第十五条
一、地球圏外の生物学的な緊急事態に備え、地球連邦は研究と準備を拡充するものである。
ニ、将来、宇宙に適応した新人類の発生が認められた場合、その者たちを優先的に政府運営に参画させることとする。

「将来、宇宙に適応した新人類の発生が認められた場合、その者たちを優先的に政府運営に参画させる……」
棒読みしたオードリーの声音が、頭の中で爆発し、心臓をひと跳ねさせた。碑文に吸い寄せられ離れられなくなったオードリーを背に、バナージは瞬きを忘れてサイアムを凝視した。これが、こんなものが、こんなことで。定まらない思考が頭の中を跳ね回る間に、混乱を引き受けたサイアムの瞳が静かに揺れ、枕に埋まって動かない顔が遠い星々を見上げた。
「これが『ラプラスの箱』……。我々を百年ものあいだ縛ってきた呪いの正体だ」
長い時に蓄積された吐息が、氷室の空気を震わせて心身に突き刺さった。時間そのものが喋っていると思える声ん耳に、バナージは虚空に忽然と浮かぶ石碑に視線を戻した。
「……そして祈りでもある」

バナージ・リンクス、オードリー・バーン(ミネバ)、サイアム・ビスト/機動戦士ガンダムUC/福井晴敏

  • No.18 by 風人  2018-04-11 19:30:27 

「青島、お前は、なんで最初に逃げなかった?」
「え?」
「どうしてだ」
「悪党の思うままになるのはいやです」
「怖くはないのか」
「怖いです。でも、正義を盾にしてますから」
「正義なんて言葉、死ぬまで口に出すな。心に秘めておけ。いいか、刑事は犯人に恨まれるんだ」
「……ぼくも今朝恨まれました」
「だからって、犯人を恨むなよ。恨んではいけない。この仕事は憎しみ合いじゃない。助け合いだ」
この土壇場で、手前の口からそんな言葉が出てこようとは、自分でも不思議だった。

青島俊作 和久平八郎/小説 踊る大捜査線/脚本 君塚良一 ノベライズ 丹後達臣

  • No.19 by 風人  2018-05-01 07:44:03 

祐馬君は、素直にグラスを返して。
そして言った。
「よくこんなまずい酒が飲めるよな。いつか俺が、もっとおいしい主馬祐をつくってやるよ!」
おお!と、店中が喝采に包まれた。

小説仮面ライダー電王 より

  • No.20 by 風人  2018-05-01 07:49:50 

「言うまいと思ってたが、やはり寂しいよな」
杉田の言葉に一条はハッとした。悟られないようにしていたはずなの思いを見透かされているのかと思った。だが杉田の視線は一条を通り過ぎて、その隣の席に向けられていた。
そこには料理が運ばれていたが、ずっと空席だった。そして披露宴が終わるまで、だれも座ることはない。

座席に書かれた名は----『五代雄介』。

(略)
「五代雄介……」
新郎新婦への祝辞がはじまる中、一条は胸の内でつぶやいた。席札のその四文字を視界の端で捉えると、あの笑顔がはっきりとよみがえる。

小説仮面ライダークウガ より

  • No.21 by 風人  2018-05-12 10:40:57 

ガンダムについては、すでに語るにおちるのだが、印象深いことといえば、ガンダムのキャラクターの配色が決まらずにもめていたとき、安彦君が腹をたてて、ひとり彩色の机にむかってコチョコチョと塗った色が最終的な決定をみて、それが現在のガンダム人気をささえるものになったということだ。
当時は、白いロボットなどは商品にならないという意見にたいして、胸のところに赤、黄色、青のロボットに三原色があるじゃないですか、と押し切った。これは現在の中堅スタッフに知ってほしい事項である。

(だから僕は……ガンダムへの道/富野由悠季)

  • No.22 by 風人  2018-05-12 11:15:04 

血まみれになったシャツの胸ポケットで、バックスからもらった口臭スプレーが弾けた。
春美とマーズは、ともに頭を撃ち抜かれていた。それでも、相手の体に回した手を離さず、生まれた時からずっと一緒に育ってきた姉弟のように、互いをいたわりながらくずれた。春美は完全に即死だったが、死の直前にわずかに残った意識の中で、マーズは思っていた。
それでも自分は地球を爆破しない----。
たとえ四十二億のほとんどの人間は信じられなくとも、今のマーズには、山口玲子と山口春美のという二人の人間だけは、確実に信じられるからである。そんな些細なことでも、彼には審判の重要な根拠になり得る気がしていた。
春美が買ってきてくれたCD-ROMで読んだ「愛情」という単語を思い出しながら、その不思議な少年は息絶えた。

(小説マーズ|| サイレント・ハルマゲドン 原作横山光輝 著 十川誠志)

  • No.23 by 風人  2018-05-12 12:27:20 

その瞬間、ニューヨークは前日の午前五時だった。
FBIとCIA----どちらもたどり着くことのできなかった、トランプ・タワーの四十四階の例の部屋で、小さな物音がした。
“監視人”がいなくなってがらんとしたその室内で、巨大な柱時計の振り子が停止した。
時計の正面を覆ったガラスカバーが開き、大きな文字盤が外れて時針とともにごとりと床に落ちた。ニューヨークは相変わらずの猛暑で、いつものくすんだ夕陽が落ちた文字盤を赤茶色に染めた。
外れた文字盤の奥には、直径二0センチほどのきれいな水晶が収められていた。半透明のの水晶の内部で、水色の液体が微かに揺れている。
大垣の危惧は的中していた。
概容書の残り三十ページのある部分に、この大時計の内部構造が出ていたのだが、その部分は、誰にも読まれることなく、島とともぬ太平洋の底に沈んだのだ。
それは、この部屋を借りていた“監視人”たちすら知らない最後の切り札だった。どうやら、概容書の最後の三十ページと同じ内容のデータは、“監視人”がこの最終兵器に無闇に頼らないように、彼らの脳にすら記憶されていなかったらしい。異星人たちはよほど慎重かつ臆病な性格だったらしく、“監視人”がすべて死に絶えたあとの不測の事態にまで想定していたのである。皮肉にも、この巨大な柱時計を、“監視人”たちはそうとは知らずに一万年の間持ち歩き、引っ越すたびに律儀に移動させていたのだ。
文字盤の奥の水晶は、ガイアーの体内にあったそれ(傍点)とまったく同じものだった。マーズの死を察知した柱時計の内部で、起爆装置のスイッチが作動した。細い棒状の起爆装置は、ハンマーのように水晶の表面を突き破り、中の液体に触れると小さな火花を放った。
太陽系に浮かぶこの星に、終局は実に呆気なく、音も立てずにやってきた。

午前九時三十分

その年の八月三日----。
地球の歴史は終わりを告げた。

(小説『マーズ』/原作 横山光輝 著 十川誠志/朝日ソノラマ)

  • No.24 by 風人  2018-05-16 10:07:11 

その手塚漫画とは、ドストエフスキー原作の『罪と罰』とオリジナル三部作『来るべき世界』どある。これは『鉄腕アトム』以上の衝撃的だった。ことに『来るべき世界』は、オリジナル・ストーリーでありながら、日本と二大強国の背景のとり方、フゥムーンという宇宙人の狂言回し、ポポーニアの色っぽさ、そのキャラクターの設定のからめ手のしたたかさ……。ひょっとすると中学生のときに接したかもしれないのだが、この近未来世界の構築のすごさに僕は唖然とした。世界の広さと、当時の時代背景の香りを取り込んだストーリー・テリング(語り口)の見事さに、なんど借りだしたかもしれない。

(略)

こうして書いていくと、あの『来るべき世界』のストーリー・テリングこそが、僕が“機動戦士ガンダム”でやろうとしたことなのかもしれない。
幼少のころの憧れ、である。

(だから僕は……ガンダムへの道/富野由悠季)

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:大学生・社会人・主婦・大人チャット







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー







管理人室


最近見たトピック

キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

スマートフォン/携帯で使う

QRコードブログパーツ
セイチャット

スマートフォン/携帯にURLをメール

check