独り言を言ってくトピ

独り言を言ってくトピ

名無しさん  2015-03-04 16:47:14 
通報
独り言を言ってね
たまには雑談も♪

コメントを投稿する

  • No.5000 by 匿名さん  2018-01-25 19:53:58 

ユキナと猫娘と鈴がアイドル?

  • No.5001 by 名無しさん  2018-01-25 19:59:18 

アイドル()
けど、支持者もいればアンチもいるってあたりアイドルと似てるかもね

  • No.5002 by 咲夜  2018-01-25 20:05:14 ID:71c9514ca

看板ユーザー

  • No.5003 by 常連さん  2018-01-25 20:13:56 

鈴ってアンチ来たことある?
なんかいつも平和〜な感じするけど

  • No.5004 by 咲夜  2018-01-25 20:15:45 ID:71c9514ca

あの子は他の子と雰囲気違う

  • No.5005 by 名無しさん  2018-01-25 20:41:06 

咲夜ってタカ?

  • No.5006 by 名無しさん  2018-01-25 21:08:31 

セイチャにオフ会なんてあんの!?

  • No.5007 by 匿名  2018-01-25 21:13:42 

ないよ。

  • No.5008 by 咲夜  2018-01-25 22:01:01 ID:71c9514ca

エセ変態と一緒にしないでほしい

  • No.5009 by 匿名さん  2018-01-25 22:14:46 

当の本人が来ないっていう…w
風邪引いてんでしょ?明日あれ見たらもっと悪化しそーw

  • No.5010 by 名無しさん  2018-01-25 22:25:13 

アイドル、アイドルって
総選挙でも開く気かよ

  • No.5011 by 一見さん  2018-01-25 22:29:59 

レンって霧雨って人?

  • No.5012 by 匿名さん  2018-01-25 22:30:42 

いや、違うだろ

  • No.5013 by ビギナーさん  2018-01-25 22:33:42 

>5011
>5012
尚、どちらも来ていないのが答え

  • No.5014 by さすらいのおっちゃん  2018-01-26 06:31:48 

「お客様、すみませんが……今度レンタルをご利用される時は、中身だけを持って来てください……」

って、ゲオの店員さんに言われててん……
(*^o^*)



借りるのも初めてやったけど……

今日、返すのも初めてやねん……


なんか緊張するど~♪……

(^w^)

  • No.5015 by 匿名さん  2018-01-31 01:23:17 

ねむい

  • No.5016 by 匿名さん  2018-01-31 10:15:07 

 バンシーは岩と向かい合っていた。
 確かあれは5歳の時だった。
 彼が泉の水を鏡変わりにしてモヒカンにした時誰も反対しなかった。ただ時が流れただけだった。
 確か妹もいたはずだが、彼には今岩しかなかった。
 水はその雫が何年にも同じ場所を穿つとやがて穴をあける事が出来るという。
 しかしバンシーにとって、そんな屁理屈を書いた哲学書など岩よりも簡単に穴を穿つことが出来る過去のものだった。
 ハア!!!!
 二つに割れた岩の中から刀が出てきた。
 それはモヒカンの手入れに使う櫛の次に、彼にとって宝物になった。

 「兄貴!!ここが例の島ですぜ!!」
 バンシーはいつ自分が兄貴になったのか思い出せなかったが、彼のそのリーゼントには興味がわいた。
 超合金で囲まれた島は過去の世界大戦の遺物だった。何事もなく上陸したのはリーゼントの器用貧乏のお陰だった。
 ホログラムが歓迎した。
 「自らの身を未来のために差し出そうという、その献身。我々は無駄には致しません。どうぞ、ゲートをおくぐり下さい」
 その技術とは不釣り合いなチープな合成音があたりをこだまする。
 「おお、なんですかい!この透明人間は!まさに伝説通りですぜ!!兄貴の拠点にするにはふさわしい!!」
 「アア!!何が伝説だよ!こんな子供騙しに引っかかるとは、まだまだヒヨッコだな」
 「あ、兄貴、さ、さすがです・・・・」
 しかしバンシーはビビっていた。穿てない。ホログラムに実体はないのだ。
 「どうぞ、お進みください」
 「いくぞ」「へい!!」
 だがバンシーは立ちどかなかった。ホログラムの光源を見つけたのだ。

 「いやいや、お若いの。この通り、メガライフ様のお陰で200歳を越えてもビンビンですわい!え?グワワァアァアァ!!!」
 そういって、案内しようとした継ぎはぎだらけの老人は、秘孔だらけだった。グローでバリーな光景が出来た。
 「自然の摂理に反するなど言語道断」
 「あ、兄貴・・・さ、さすが、迷いがないですぜ・・・」
 バンシーはついついやっちゃっただけだが、それっぽいことをいった。
 「ハハハハハッハハハハハ!!!、まさかこんな奴は初めてじゃわい!!」
 老人の脳に埋め込まれた小さなネズミが耳障りなノイズとともにメッセージを発した。
 「来るがよい、貴様たちに我が秘密の研究室に来られるように手配しよう・・」
 そういうと機械ネズミは火を立てて、灰になった。
 「こ、これは・・この島に大戦中、その技術のせいで国に追われ亡命を繰り返したとかいう、伝説の科学者・・・」
 リーゼントは真剣だった。しかしバンシーはもっと真剣だった。老人グローバリーから彼の日記を見つけたのだ。
 そこには、彼がこの島までわざわざ来て永遠の命を欲するまでの経緯が書かれていた。
 大戦後の悲壮な世界で彼が抱いた孤独、迷い、挑戦、挫折、諦め、そしてそれでも意味を見出そうという希望。
 バンシーは馬鹿だが何とか理解が出来た。涙を流した。秘孔をついてしまった事は忘れた。
 「・・・いきやしょう!兄貴!!」
 何だか語っていたリーゼントの話は終わった。
 日記は、バンシーのトイレットペーパー代わりに使われ、永遠に彼の記憶に残る事になった。

 
 
 

  • No.5017 by 匿名さん  2018-01-31 10:30:37 

独り言長杉わろすw

  • No.5018 by 匿名さん  2018-01-31 17:02:33 

ドクターゲロウは、マッドサイエンティストだった。
 その時、時代は全面核戦争直前まで迫っていた。そんな中開かれた極秘の首脳会談の席の緊張の場で、デリケートな綱渡りの交渉が続くなか、彼は落ち着いて専用の3Dパソコンを見ていた。そして冷静に自分の後頭部に目を移植しようか悩んだ。マトリクスの構造解析に夢中になりながらも、首脳たちがせわしなく自国を守る条件を出すときの鼻の動きも観察したかったからだ。彼の頭の中は、世界の行く末と、鼻の動きに相関関係があるのか?という難題に夢中になった。鷲鼻、ストレート鼻、小鼻、・・・
 彼の本領が発揮されたのは、崩壊後の独裁国家で総統を手術した時だ。ガッチリした体格の大男である新世界のリーダーが愚痴で「無能な者が多すぎる。そのせいでこの私が下らない雑事をしなければならない!!猫の手も借りたいよ。猫以下の知性しかない者たちめ!!」と言ったのを、丁寧に真に受け、猫の手を移植した。それは彼にとって人間と動物の融合という新たな発見を生み出しただけでなく、そのあと銃撃を受けた自分の足を麻酔なしで手術するという、更なる快楽という禁断の扉を開いた。

 ゲロウは人々を救いたかった。古今東西あらゆる宗教書を目にした結果、彼が出したそのための手立てとは脳にネズミを移植することだった。哺乳類の全ての祖であるネズミを移植すればよい。DNAを進化させるのだ。私が頭に移植したように!!

 そして今、どうしても移植したい獲物がそこにいた。
 バンシーだ。何故か彼の秘孔付きの原理が全く理解できなかった。こんなことは産まれてきて初めてのことだった。
 そして、バンシーとゲロウは向かい合った。
 ゲロウの機械塗れの体躯から飛び出た、幾本もの肢の関節が不気味な光を発する。

 「下がれ、奴は・・・・危険だ」

 リーゼントはまさに未知の領域に足を踏み入れようとしてた。バンシーはいつも彼のことを気にかけていたが、この時ばかりは命の保証は出来ないと頭で直感した。
 
 「やあやあ、君のような逸材がこんな偏屈な場所まで足を運んでくれるとは・・・やはりこの世には神がいるのかもしれないね。どうだね、頭にネズミを移植してみないか?」
 「それは・・・・・出来ない。俺は、モヒカンを守る」

 リーゼントはバンシーの答えに深い意図を察した。兄貴の足りない所を俺が補う、それがリーゼントの信条だった。

 「そうか、・・・それは残念だ。・・・では、こうしよう。頭に試しに移植してみてそれでダメなら、口惜しいが諦める。どうだね、君は神に出会えるかもしれないぞ?」
 「・・・・・・それは・・・・出来ない。俺は・・・・モヒカンを守る・・」

 リーゼントはバンシーの正気を疑った。先ほどのやり取りと何が違うのか?という疑問がチラリと頭を過ったが、そんなことよりもバンシーの目が虚ろになっているのだ。
 バンシーはネズミの怪音波により、異次元へと引きずりこまれた。

 そこには彼の妹がいた。
 小さな野に咲く花のようにはかなかった。
 だが、バンシーにできることは岩を穿つことだけだった。
 彼女は何もかも足りない世界で、魔法使いのように振る舞いみんなを励ました。裁縫、料理、水汲み、でも、バンシーと二人で小さな部屋の二段ベットで寝る前に、彼女はありのままの怒りを発散していた。
 やはりバンシーに出来るのは岩を穿つことだけだった。
 岩を爆砕したとき、妹は喜んでくれた。周囲の大人たちの反応とは対称的だった。奇異の目で見られたが、それをとりなそうと妹は奮闘した。
 だがしかし、やはりバンシーに出来ることは岩を穿つ以下略。

 ゲロウは鳥かごに囚われたバンシーの穴を穿つ行動を観察した。
 手の角度なのか?それとも指の使い方なのか?

 「兄貴、兄貴!!しっかりしてくださいよ!!こんなブリキ野郎に負けねーでください!!」

 そんな無限の牢獄に閉じ込められたバンシーを必死でリーゼントは揺すり続ける。
 夢の中では、そんな必死さとは裏腹にゲロウがバンシーの動きの真似をする。

 ネズミはこの島のメインコンピューターとリンクして、衛星を介してあらゆるネズミと繋がっており、ゲロウにメッセージを伝えていたはずだった。だがバンシーの夢の単調な動きをみて反乱を起こした。なんだこれは!!実に、実につまらない!!と。
 
 「ハハハハハ!!わかった!わかったぞ!!こうか!!こうするの、ののののの、つまらない!!実につまらない!!」
 
 ゲロウの頭にいたネズミは叫んだ。
 現実のゲロウの両目から光がほとばしる。
 それは、新人類の誕生だった。
 ネズミが、電波ネズミが目覚めたのだ。

 ハ!!!っと正気に戻ったバンシーやそれを介抱したリーゼントたちは知る由もなかった。
 ただ、荒廃した世界に狂った者が新たに生まれ、万死ーは今日も荒野を駆け巡る。
 

  • No.5019 by 匿名  2018-02-02 06:41:10 

朝、時間に余裕が出来るように早めに起きて、支度が終わって時間が余ったからあれやろうと思うと親が邪魔してきて時間ロス。
結局何も出来ずに時間ギリギリで家を出るはめに。
朝からストレスだから邪魔するのやめてほしい。

ニックネーム: 又は匿名を選択:

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字 下げ
利用規約 掲示板マナー
※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※必ず利用規約を熟読し、同意した上でご投稿ください
※顔文字など、全角の漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを含まない文章は投稿できません。
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください

[お勧め]初心者さん向けトピック  [ヒント]友達の作り方  [募集]セイチャットを広めよう

他のトピックを探す:その他のテーマ
スポンサード・リンク







トピック検索


【 トピックの作成はこちらから 】

カテゴリ


トピック名


ニックネーム

(ニックネームはリストから選択もできます: )

トピック本文

トリップ:

※任意 半角英数8-16文字

※トリップに特定の文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください
※メールアドレスや電話番号などの個人情報や、メル友の募集、出会い目的の投稿はご遠慮ください
利用規約   掲示板マナー



セイチャットからのお知らせ
RSS表示パーツ


スポンサード・リンク


管理人室


最近見たトピック

キーワードでトピックを探す
初心者 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 部活 / 音楽 / 恋愛 / 小説 / しりとり / 旧セイチャット・旧セイクラブ

「これらのキーワードで検索した結果に、自分が新しく作ったトピックを表示したい」というご要望がありましたら、管理人まで、自分のトピック名と表示させたいキーワード名をご連絡ください。

最新更新トピック(全カテゴリ)
RSS表示パーツ
スマートフォン/携帯で使う

QRコードブログパーツ
セイチャット

スマートフォン/携帯にURLをメール

スポンサード・リンク
check